• BRASH TOP >
  • Lifestyle>
  • 『ラビング 愛という名前のふたり』のルース・ネッガ、アカデミー賞授賞式で「ヴァレンティノ」の真っ赤なドレスにルビーのアクセサリーで輝いて美しく!

17.02.28(Tue)

『ラビング 愛という名前のふたり』のルース・ネッガ、アカデミー賞授賞式で「ヴァレンティノ」の真っ赤なドレスにルビーのアクセサリーで輝いて美しく!

Brash Editorial Team

Brash Editorial Team

米カリフォルニア州ロサンゼルス市ハリウッドにて現地時間の2017年2月26日夜に行われた第88回アカデミー賞授賞式。『ラビング 愛という名前のふたり』での演技により主演女優賞にノミネートされていたエチオピア系アイルランド人女優のルース・ネッガ(Ruth Negga、35)は惜しくも受賞は逃したが、「ヴァレンティノ」(Valentino)の美しい赤色のドレスにルビーのヘッドピースとジュエリーを合わせたアンサンブルで出席したルースは目を惹いていた。

特にルビーのヘッドピースとジュエリーに関しては、ルースのスタイリストを務めるカーラ・ウェルチ(Karla Welch)が、ジュエリーデザイナーのアイリーン・ニューワース(Irene Neuwirth)と、英国の世界的な宝石供給会社でルビーやエメラルドの採掘や流通に高い倫理基準を設けていることで知られるGemfields社と一緒に準備したもの。ルビーはモザンビーク産とのことだ。

「わたしがアカデミー賞でのルースの装いとしてイメージしたのは、古代の異教の女神。現代にふさわしい強い女性らしさを表現したと思いました。ルースは、とても強い女性ですからね」と、カーラは語っている。

「そのためには赤がいいと初めから思っていました。赤は、決めの一手になる色の上に、とても女性的な色。ジュエリーも赤で押すことでしっかりとしたファッションステートメントになります」

一方、どれもがルビーのペンダントイアリング、指輪、そして煌めくヘッドクラウンをデザインしたアイリーンは、ルースやカーラと今回一緒に仕事が出来たことを光栄に思っていると述べている。

「ルースは、非の打ちどころのないファッションスタイルの持ち主。カーラとともに、アカデミー賞という舞台でルースを輝かせることが出来てとても嬉しく思っています。わたしにとっても忘れられない経験になりました」

アイリーンがデザインしたルビーのジュエリーたちを、特別に仕立ててもらった「ヴァレンティノ」のドレスと合わせたアンサンブルを見事に着こなしていたルース自身は、まるで雲の上を歩いているような気持ちだと振り返っている。

「わたしの装いには、とても才能があるひとたちの手が加わっている。どれもが、芸術家の手による、まさに芸術品と言っていいもの。わたしがファッションが好きなのは、ファッションが本質的には芸術だからなんです」

この夜、全身赤のアンサンブルでただ一カ所ルースが胸元に飾ったブルーのリボンは、ACLU(アメリカ自由人権協会)のリボン。この夜、他の多くのスターたちも胸に着けていたもので、人種差別や性差別と闘う同NGOへの彼らの支援の姿勢を表明したものだ。

一部の州ではまだ黒人と白人の間の結婚が違法とされていた時代のアメリカを舞台に、白人の夫と黒人の妻との間の感動的な愛を描いたルースの出演した『ラビング 愛という名前のふたり』は、日本でも今週末の3月3日から公開される。

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。