• BRASH TOP >
  • Lifestyle>
  • キャサリン・ハイグル、新ドラマが2話で早くも打ち切り!

17.02.28(Tue)

キャサリン・ハイグル、新ドラマが2話で早くも打ち切り!

Brash Editorial Team

Brash Editorial Team

 米TVシリーズ「グレイズ・アナトミー」などで知られる女優のキャサリン・ハイグル(Katherine Heigl)の法廷ドラマ「Doubt」が、放送開始からわずか2話で打ち切りとなった。

 米CBSは「Doubt」を放送予定スケジュールから外し、今後放送を再開するかどうかについてもコメントしていない。空いた放送枠の穴埋めもすでに決定している。

 「Doubt」はキャサリン扮する弁護士のセイディ・エリスが、スティーヴン・パスクール(Steven Pasquale)が演じる、24年前にガールフレンドを殺害した可能性のある男性と恋に落ちるというストーリーだ。

 同ドラマは米ネット配信ドラマ『オレンジ・イズ・ザ・ニュー・ブラック 塀の中の彼女たち』で知られるラヴァーン・コックス(Laverne Cox)を起用したことで、主要テレビ局が史上初めてトランスジェンダー女優が出演するドラマを放送することになり、メディアの話題となった。また、デュレ・ヒル(Dule Hill)、エリオット・グールド(Elliot Gould)らも出演する。

 「Doubt」は先々週に放送された第1話の視聴者数がわずか500万にとどまり、第2話は400万に激減した。第3話が放送される予定だった米現地時間3月1日には「Bull」の再放送があり、8日には「クリミナル・マインド 国際捜査班」のシーズン2がスタートする。

 CBSは「Doubt」の残り11話をいつ放送するのか、あるいはしないのかを決めていない。

 同ドラマは当初、ケイディー・ストリックランド(KaDee Strickland)とテディ・シアーズ(Teddy Sears)主演で昨年に放送される予定だった。しかしCBSはドラマをリブートし、主役を入れ替えて2016年/2017年シーズンでの放送を決めた。

 キャサリンはドラマの打ち切りについてコメントしていないが、新作映画『Unforgettable(原題)』へのリンクをツイートし、家族写真を投稿。「思いつきで撮ったこの家族写真のすべてに笑いが止まらない!」とキャプションを添えた。この写真には夫でカントリー歌手のジョシュ・ケリー(Josh Kelley)と養女のナリー(Naleigh)ちゃんとアデレード(Adalaide)ちゃん、昨年に出産した実子のジョシュア(Joshua)君たちが寄り添うように写っている。

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。