• BRASH TOP >
  • Lifestyle>
  • 「フレンズ」キャスト陣がプライベートディナーでプチ同窓会!

17.03.01(Wed)

「フレンズ」キャスト陣がプライベートディナーでプチ同窓会!

Brash Editorial Team

Brash Editorial Team

 90年代の米人気TVシリーズ「フレンズ」のキャスト陣が先日、プライベートディナーのために集まった。

 変わり者のフィービー・ブッフェを演じたリサ・クドロー(Lisa Kudrow)が、共演したコートニー・コックス(Courteney Cox)、ジェニファー・アニストン(Jennifer Aniston)、マット・ルブラン(Matt LeBlanc)らとパパラッチの追撃を逃れて「再集結」し、近況を語り合ったことを明かした。

 「みんなで集まったの」とリサは2月28日、米トーク番組「トゥデイ」で語った。「プライベートでディナーに行ったの。すごく楽しかった! とても良い時間をすごしたわ。みんなの話が面白くて、笑いが止まらなかった」

 リサによると、スケジュールの問題で計画が流れてもファンを失望させないようにという配慮から、集まることは他言無用にと念を押したという。

 「もし(同窓会があると)教えなければ、そのあとで実現しなくても、がっかりする理由が何もないから」とリサは語った。「私は期待を管理する役なの」

 しかしリサは食事会について、あまり期待しすぎないほうがいいと「フレンズ」の熱烈なファンに注意を呼びかけ、近い将来に新たな同窓会を開いたり、ましてやテレビに出演したりすることはないと断言した。

 「フレンズ」の放送が終了してから10年以上が経つにもかかわらず、ファンはまだキャラクターたちがドラマで再登場することを望んでいるようだが、リサはその可能性を100パーセント否定した。

 「実現するわけないわ。できたら面白いけれど、でもどんな話ができるか考えてみて」とリサは話している。「私たちがドラマで一番好きだったのは、みんなが20代で、それぞれに家族がいたところよ。今では自分に家族がいる。だとすれば、どんな話にすればいいの?」

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。