• BRASH TOP >
  • Lifestyle>
  • 実写版『美女と野獣』、ディズニー史上初めてゲイシーンを盛り込む

17.03.02(Thu)

実写版『美女と野獣』、ディズニー史上初めてゲイシーンを盛り込む

Brash Editorial Team

Brash Editorial Team

 ディズニーの実写版『美女と野獣』のビル・コンドン(Bill Condon)監督が、同作にはディズニー史上初めて「ゲイ的瞬間」があると明かした。

 ディズニーアニメの名作『美女と野獣』の実写版ではエマ・ワトソン(Emma Watson)が主人公のベル、ダン・スティーヴンス(Dan Stevens)が野獣、ルーク・エヴァンス(Luke Evans)がガストン、そしてジョシュ・ギャッド(Josh Gad)がその手下ル・フウを演じる。歴史的なシーンに出るのはジョシュのキャラクターだとコンドン監督は英Attitude誌とのインタビューで説明した。

 「ル・フウはある日ガストンになりたいと思い、また別の日にはガストンにキスしたくなるんだ」とコンドン監督は語った。「自分が何を求めているのか混乱している。そうした感情が自分にあることに気づき始めたキャラクターだ。ジョシュはそこでとても繊細で絶妙な演技を見せてくれる」

 「それがラストで報われることになるけれど、今は明かしたくない。でも、そのシーンは微笑ましくて、ディズニー映画にこれまでなかったゲイ的な瞬間だよ」

 エマとダンも映画の公開前に同誌のインタビューに応じた。実写版はアニメと少し違うストーリーになっていて、発明家はベルの父ではなく彼女自身となっている。しかし周囲に溶け込めないという欠点は物語の重要な部分として残されている。

 『美女と野獣』の予告編第1弾は昨年11月に公開され、1億2,700万回以上も再生された。特に数千人ものゲイの男性は公開を待ち望んでおり、ダンはなぜこれだけ大勢の人が野獣に魅力を感じていると思うのかと質問された。

 「迫害されている感覚があるからだよ」とダンは話している。「ベルは地域でちょっとした変人だと思われていて、字が読めて発明する女の子は、賢すぎてこういう田舎では暮らせない。そして野獣はもちろん、その外見で迫害されているんだ」

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。