• BRASH TOP >
  • Lifestyle>
  • インドでの挙式を検討中のマイリー・サイラス、ヒンドゥー教指導者に待ったをかけられる!

17.03.06(Mon)

インドでの挙式を検討中のマイリー・サイラス、ヒンドゥー教指導者に待ったをかけられる!

Brash Editorial Team

Brash Editorial Team

 全米有数のヒンドゥー教指導者が、インドでの結婚式を考えているとうわさされる歌手で女優のマイリー・サイラス(Miley Cyrus)に対し、本気ならば勉強して真剣に計画してほしいと呼びかけている。

 「ユニバーサル・ソサエティ・オブ・ヒンドゥイズム」のラジャン・ゼッド(Rajan Zed)会長は、マイリーがフィアンセで俳優のリアム・ヘムズワース(Liam Hemsworth)と今夏にヒマラヤ山脈でヒンドゥー式の結婚式を検討しているとする報道に触れ、もし本当ならば2人は「霊的な融合」を真剣に受け止めてほしいと考えている。マイリーにはヒンドゥー教に可能な限り誠実で尊敬の念を持ってほしいと心から願っていて、式の前にちょっとした宿題を与えた。

 「バガヴァッド・ギーターなどのヒンドゥー教の聖典を読んだり、サンスクリット語を学ぶべきだ。式の精神を真に取り込むため、ヒンドゥー式の結婚式のほとんどはサンスクリット語で行われるからだ」とゼッド会長はエンターテイメント情報サービス「WENN」に語っている。「マイリーはリアムの長寿と夫婦の愛をアグニ神に祈るなど、いくつかのマントラ(真言)を唱えなければならず、リアムもマントラで夫婦間の取り消しできない関係など、多くをマントラでお祈りする。さらにリアムは別のマントラで、マイリーに100年間を共に生き、子孫を与えることを求める。結婚した夫婦にとって、子孫を作ることは義務の1つとして考えられているからだ」

 またゼッド会長は、マイリーとリアムがいくつもの儀式を行うために式が数時間も続くと助言し、マイリーの父でカントリー歌手のビリー・レイ・サイラス(Billy Ray Cyrus)は花婿に牛を贈らなければならないともつけ加えた。

 さらに2人は、朱色の粉やココナッツ、ターメリック、ビンロウの実、インド菓子、ハチミツ、凝乳、ギー(澄ましバター)、ガネーシャ神の像、マンガルスートラ(婚姻の象徴である聖なる糸)など、式に必要なアイテムをそろえなければならない。

 しかしもし報道が事実なら、マイリーとリアムはヒンドゥー式の結婚式を挙げることで、長く幸せな結婚を約束されるのかもしれない。米ワシントンD.C.にあるピュー・リサーチ・センターによると、ヒンドゥー教徒の離婚率は全米で最も低いという。

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。