• BRASH TOP >
  • Lifestyle>
  • グウィネス・パルトロー&リース・ウィザースプーン、トリー・バーチの男女平等キャンペーンに参加!

17.03.09(Thu)

グウィネス・パルトロー&リース・ウィザースプーン、トリー・バーチの男女平等キャンペーンに参加!

Brash Editorial Team

Brash Editorial Team

 3月8日の国際女性デーに合わせ、ハリウッドのトップ女優がファッションデザイナーのトリー・バーチ(Tory Burch)とタッグを組み、「Embrace Ambition」キャンペーンに参加した。

 同キャンペーンにはグウィネス・パルトロー(Gwyneth Paltrow)、ケリー・ワシントン(Kerry Washington)、リース・ウィザースプーン(Reese Witherspoon)らが加わり、大志を持ち、成功への目標を公言することを尻込みしないよう女性に呼びかける公共広告(PSA)に登場した。

 「汚い言葉はたくさん頭に浮かぶけれど、大志はその1つではありません」とウィザースプーンはPSAで語り、「女性は大志を持つために生まれてきたのです」とワシントンが続けた。

 このPSA動画にはジュリアン・ムーア(Julianne Moore)や米Vogue誌のアナ・ウィンター(Anna Wintour)編集長に加え、俳優のジョン・ハム(Jon Hamm)、クリス・パイン(Chris Pine)も登場し、それぞれが「創始者」や「強い」、「先見者」などとプリントされたシャツを着ている。

 この動画広告はトリー・バーチ基金による大がかりなキャンペーンの一環として作られ、バーチがこのメッセージと連動して制作したアイテムの全収益は「アメリカ合衆国の女性起業家に力を与える」ことを目的とする同基金に寄付される。

 バーチは7日、米CBSのモーニングショー「ディス・モーニング」に出演。将来への大志が強くなるにつれ、確固たる自己を確立することに苦しんだと打ち明けた。

 「罪を犯したことがある。私について書かれた記事が初めて世に出たとき、『記事はとても良かったけれど、君は大志という言葉を使うのを避けた』と電話で言われた」とバーチは説明した。「そして13年後、それが真実だと気づいた」

 「誇らしい過去ではないけれど、他の人たちには目標を実現する自信を持ってほしい」

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。