• BRASH TOP >
  • Lifestyle>
  • エヴァ・グリーン、ティム・バートン監督の実写版『ダンボ』に出演交渉中!

17.03.10(Fri)

エヴァ・グリーン、ティム・バートン監督の実写版『ダンボ』に出演交渉中!

Brash Editorial Team

Brash Editorial Team

 仏女優のエヴァ・グリーン(Eva Green)が、ティム・バートン(Tim Burton)監督がメガホンをとるディズニーアニメ『ダンボ』の実写版に出演する交渉に入ったと報じられた。

 バートン監督が1941年に公開された同名作アニメを実写化する企画は2015年に浮上していたが、詳細が伝えられることはほとんどなかった。

 しかし新しい報道によると、タイトルロールを演じた『ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち』や『ダーク・シャドウ』でバートン作品に出演した経験のあるエヴァは、実写版に登場する主役級の3人の大人の1人として出演する候補に挙がっているという。

 実写版『ダンボ』をめぐっては以前、ウィル・スミス(Will Smith)が妻を失った父親役で出演するといううわさが流れたものの、話は立ち消えになっている。この役にはクリス・パイン(Chris Pine)の名前も挙げられたほか、トム・ハンクス(Tom Hanks)にも悪役で出演するオファーが提示されたと伝えられた。

  ハリウッド版『リング』シリーズや『トランスフォーマー』シリーズを手がけた脚本家のアーレン・クルーガー(Ehren Kruger)がすでに脚本を書き終えており、『トロン:レガシー』や『オブリビオン』のジャスティン・スプリンガー(Justin Springer)と共にプロデューサーも務める。

 オリジナルのアニメ版『ダンボ』は、その大きな耳をからかわれるサーカスの象の赤ちゃん、ダンボが主人公。ネズミの親友ティモシーに大きな耳を翼として使うことを教わり、空を飛べるようになる。

 エヴァが演じるのは、空中ブランコの曲芸士でサーカスのオーナーでもある悪役とみられている。作品の詳細は秘密のベールに包まれているが、オリジナルアニメよりもサーカスに焦点が当てられるという。

 『ダンボ』は『シンデレラ』や『ジャングル・ブック』、『美女と野獣』に続き、ディズニーアニメの実写化プロジェクトで最新の作品となる。

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。