• BRASH TOP >
  • Lifestyle>
  • ニッキー・ミナージュ、宿敵レミー・マーのディスに新曲で反撃!

17.03.13(Mon)

ニッキー・ミナージュ、宿敵レミー・マーのディスに新曲で反撃!

Brash Editorial Team

Brash Editorial Team

 ラップ歌手のニッキー・ミナージュ(Nicki Minaj)が、ディスり合戦を繰り広げている同じくラップ歌手のレミー・マー(Remy Ma)に対し、2曲の新曲で反撃した。

 2人は今年2月、ニッキーがグッチ・メイン(Gucci Mane)とコラボした「Make Love」のヴァースである女性ラッパーが「ラップの女王」と宣言したのをからかったことをきっかけに、泥沼のディスり合戦を続けている。レミーは先日リリースした「shETHER」という曲でニッキーが枕営業でトップに上り詰め、豊尻手術を受けたとラップでやり返し、さらに「Another One」という別の新曲でもニッキーを批判した。

 ここへ来てニッキーは9日に新しく3曲をリリースし、音楽で反撃を開始。うち2曲でレミーを狙い撃ちした。同じレーベルのヤング・マネーに所属するドレイク(Drake)とリル・ウェイン(Lil Wayne)と再びタッグを組み、次のようなラップを披露している。「あんたはスクラップしたくて『Another One』をドロップしようとした/ゴーストライターがいることがバレて自分をスクラップしたくなった/あんたのプッ*ーを聞いたけど、オエッ、塗りつぶしたほうがよかった」

 さらにニッキーは同曲で、レミーが2007年に知人女性を撃って重傷を負わせたことで6年間服役したことにも言及。リル・ウェインをフィーチャーした2曲目の「Changed It」でもレミーをこきおろした。

 また3曲目の「Regrets in Your Tears」では、ニッキーがボーイフレンドのミーク・ミル(Meek Mill)との破局について歌っている。

 3曲の新曲をリリースした後、ニッキーはTwitterに長文のメッセージを投稿し、まだまだたくさんのディストラックがあると明言。歌詞は「事実」でいっぱいだと豪語した。

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。