• BRASH TOP >
  • Lifestyle>
  • 新人女優のザジ・ビーツ、『デッドプール』続編にドミノ役で出演決定!

17.03.13(Mon)

新人女優のザジ・ビーツ、『デッドプール』続編にドミノ役で出演決定!

Brash Editorial Team

Brash Editorial Team

 新人女優のザジ・ビーツ(Zazie Beetz)がケリー・ワシントン(Kerry Washington)やシエナ・ミラー(Sienna Miller)といった大物候補を差し置き、『デッドプール』の続編『Deadpool 2(原題)』にドミノ役で出演することが決まった。

 主演のライアン・レイノルズ(Ryan Reynolds)は9日、Twitterに「ザジ・ビーツ」のスペルが浮かび上がるドミノの写真を公開し、彼女がニーナ・サーマン、またの名をドミノを続編で演じると正式に発表した。

 ライアンはこの写真に「ドミノ効果」とキャプションを添えた。さらにドミノがサーフィンでもするように空を飛ぶデッドプールの背中に立ち、両手で銃を乱射する絵にザジの顔を加工した画像も公開した。

 ドイツ生まれのザジが演じるドミノは幸運を操る能力を持つ。一流の銃の使い手である彼女は、やがてX-MENのメンバーとなる。

 ザジはドナルド・グローヴァー(Donald Glover)と共演する米TVシリーズ「Atlanta」で最もよく知られている。舞台出身の彼女はNetflix配信のアンソロジーシリーズ「Easy」にも出演したほか、チャンス・ザ・ラッパー(Chance the Rapper)と共演する映画『Slice(原題)』も控えている。

 ドミノ役をめぐっては、シエナやケリー、『ムーンライト』のジャネール・モネイ(Janelle Monae)、リジー・キャプラン(Lizzy Caplan)らの名前が取りざたされていた。

 2018年3月の公開が予定されている『Deadpool 2』は、2016年の大ヒット作『デッドプール』の続編。『ジョン・ウィック』で共同監督を務めたデヴィッド・リーチ(David Leitch)がメガホンをとり、ライアンやT・J・ミラー(T.J. Miller)、ブリアナ・ヒルデブランド(Brianna Hildebrand)ら第1作からのおなじみの顔ぶれも再び登場する。

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。