• BRASH TOP >
  • Lifestyle>
  • ミーシャ・バートン、セックスビデオの公開危機で法的手段を準備中!

17.03.16(Thu)

ミーシャ・バートン、セックスビデオの公開危機で法的手段を準備中!

Brash Editorial Team

Brash Editorial Team

 米人気ドラマ「The OC」などで知られる女優のミーシャ・バートン(Mischa Barton, 31)のセックス映像が売りに出されているといううわさについて、弁護士が法的手段をちらつかせている。

 報道によると、ミーシャが男性パートナーと性行為におよぶポルノビデオが、公開を前提として複数のアダルトビデオ会社に売りに出されているという。代理人を務めるリサ・ブルーム(Lisa Bloom)弁護士は声明を出し、ミーシャは自分の同意なしに元ボーイフレンドが撮影したと確信していると明かした。

 「権利を守るために勇気を持って立ち上がった、女優のミーシャ・バートンの弁護を務めることは非常に光栄です」とブルーム弁護士は米People誌に寄せた声明でコメントした。「バートン氏の裸や性的に露骨な映像が『売買』されていると報じられています。バートン氏はそうした映像がいかなる形であれ公開されることに一切同意していません。自身の同意なしに、当時交際していた人物によって撮影されたと信じています」

 ブルーム弁護士はミーシャがビデオを撮影した人物を告訴する意向を固めたと説明した。

 「この汚らわしい行為にはリベンジポルノという名前がついています」とブルーム弁護士は続けた。「カリフォルニア州ではリベンジポルノは性的暴行の一種で、犯罪であり、民事的な不法行為です。見過ごすことはしません」

 「バートン氏のこうした画像や動画を流通させようとする人たちにはメッセージがあります。必ず見つけ出し、突き止めてみせます」とブルーム弁護士はつけ加えた。「あらゆる刑法や民法において、全面的に起訴します。危険を覚悟すべきです」

 ミーシャ自身は今回の報道についてコメントしていないが、2ヶ月前の1月には以前住んでいた自宅で奇行を繰り返し、入院する騒ぎを起こしている。不安に思った近隣住民の通報を受けて警察がウエスト・ハリウッドの自宅に駆けつけると、ミーシャは裏庭のフェンスから身を乗り出しており、精神鑑定を受けるためシーダーズ・サイナイ・メディカルセンターに搬送された。

 ミーシャは数日後、Peopleに寄せた声明で退院を報告し、自分の誕生日を友だち数人と祝っていた際に何者かによってGHB(違法ドラッグとしても使われるガンマヒドロキシ酪酸)を盛られていたと主張した。

 また彼女は2月、ウェスト・ハリウッドのアパートに引っ越しする際、建物にレンタルトラック会社「U-Haul」のトラックをぶつけるという軽い交通事故も起こしている。

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。