17.03.17(Fri)

リタ・オラ、危うく銃乱射事件の犠牲者に!?

Brash Editorial Team

Brash Editorial Team

 英人気歌手のリタ・オラ(Rita Ora, 26)が15日、ロンドン市内でドライブ・バイ・シューティング(走行中の車が銃を乱射すること)に危うく巻き込まれそうになったと報じられた。

 リタは当時、ロンドンの高級住宅街ノッティングヒルにあるコールヴィル・スクエア周辺の友人宅を訪れていた。午後2時頃、リタがその地域を通りすぎてから5分後に複数の銃声が聞こえ、警官らが現場に駆けつけた。

 英The Sun紙は武装したギャング団がコールヴィル・スクエアで発砲したとしているが、他のメディアは単独犯が車を運転中に銃を乱射し、うち1発が近隣住宅の1階の窓を貫いたと報じている。

 「3月15日水曜日午後2時すぎにW11地区のコールヴィル・ガーデンズで銃声があり、警察に通報が寄せられた」とロンドン市警の広報官は声明でコメントした。「地元警察が武装警官と共に現場に駆けつけたが、負傷者はいなかった。銃器の発砲があった証拠がある」

 「現在、現場は保存されており、警官が現場に残っている。逮捕者はなく、聞き込みが続けられている」

 英London Evening Standard紙によると、リタはこの近くに住む友人でモデルのアリス・デラル(Alice Dellal)を訪れ、乱射事件が発生した場所のすぐ近くにあるボディズム・ジムでエクササイズをしていたという。

 危うく 銃乱射事件の犠牲になるところだったが、リタは同日夜にロンドン市街に繰り出し、それほどひどいショックを受けたようには見えなかった。心配そうな表情のリタは赤いファーリージャケット、黒のレギンス、そして白いYeezy Boostのトレーナーを合わせ、深夜のセッションを終えてレコーディングスタジオを出た。

 またリタはSNSでも危機一髪の出来事にまったく触れず、14日以降のアップデートはない。発砲騒ぎのあった前日の14日にはSNSでフォロワーに「良い火曜日を」願い、その翌日には「みんながステキな月曜日で始まるすばらしい一週間をすごすのを祈っているわ!」と書き込んでいる。

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。