• BRASH TOP >
  • Lifestyle>
  • クリステン・ベル、結婚をうまく行かせる秘訣は夫婦セラピー!

17.03.23(Thu)

クリステン・ベル、結婚をうまく行かせる秘訣は夫婦セラピー!

Brash Editorial Team

Brash Editorial Team

間もなく全米公開されるリブート版映画『白バイ野郎ジョン&パンチ』において別居中のカップルを演じているクリステン・ベル(Kristen Bell)とダックス・シェパード(Dax Shepard)は、実生活においても2013年に結婚、ふたりの間にはデルタ(Delta)ちゃんとリンカーン(Lincoln)ちゃんという2人の娘がいて、映画の内容とは異なり、今も熱々振りを世間につとに見せつけている。その一方、時にはド派手な夫婦喧嘩をすることもあるのをふたりは隠さず、公の場でクリステンがそのことを率直に語ってきた場面も多い。

「わたしたちはよく喧嘩したの。わたしは、そういう喧嘩の際に派手に退場するのが好きだった。たとえば、出ていく時にドアをバーンと閉めると、何だか力が湧いてくる気がしたのだもの。あるいは、車に乗りこみタイヤをきしませながら発進させれば、もっと気分がいいとかね」と、クリステンはRedbook誌に対して昨年明かしていた。

「それに対してダックスは、“ふたりの間で問題があるのなら、逃げていてもダメだよ。話し合わなければ、結婚が続かないよ”と言ってくれたの。彼のことをすごく愛しているから、自分を直さないといけないと思った」

そんなふたりの結婚が現在うまく行っているのは、ふたりが互いに結婚生活を大事に思い努力しているから、とクリステンは強調する。

「わたしたちの結婚はとてもうまく行っているけれど、それは必要な時には夫婦セラピーを重ねて来たから。それに、お互いの言動にどこか間違いがないか、常に猛烈に反省し合っているからなのよ」と、これはPeople誌に対してクリステンは述べている。

「自分が間違っている時には率直にその責任を認める。彼と結婚して彼と一緒にいることが喜びで、彼のことを信用しているから、そうすることが苦にならない。パートナーにわたしが期待するものを、彼は持っているの」

同じ俳優として、仕事上あまり競い合わないのも、夫婦円満の秘密のひとつだそうで、幸いにも同じ役柄をめぐってライバルになることは少ないのよ、とクリステンは冗談を飛ばした。

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。