• BRASH TOP >
  • Lifestyle>
  • ブレイク・ライブリー、ジェシカ・チャステインらがVarietyの「影響力のある女性」に選出!

17.03.24(Fri)

ブレイク・ライブリー、ジェシカ・チャステインらがVarietyの「影響力のある女性」に選出!

Brash Editorial Team

Brash Editorial Team

 女優のブレイク・ライブリー(Blake Lively)やジェシカ・チャステイン(Jessica Chastain)、オードラ・マクドナルド(Audra McDonald)らが、ショウビズ界をリードし、チャリティー活動に熱心な女性を米Variety誌が称える2017年度「パワー・オブ・ウーマン・ニューヨーク(影響力のある女性)」の主賓に選ばれた。

 3人は人気テレビ司会者オプラ・ウィンフリー(Oprah Winfrey)の親友でキャスターのゲイル・キング(Gayle King)、元米大統領の娘(ファーストドーター)のチェルシー・クリントン(Chelsea Clinton)、メディア界の大物シャリ・レッドストーン(Shari Redstone)らと共に、同誌の「ライフタイム・インパクト・オノリーズ」として表彰される。

 2児の母でもあるブレイクは、性犯罪者から子どもたちを守ることを目的とする「チャイルド・レスキュー・コーリション」との活動が評価された。オスカーにもノミネートされたジェシカは、女性のための非営利団体「全米家族計画連盟」への支援が認められ、ブロードウェイでも活躍するオードラはホームレスの若者を支援するチャリティー団体「コヴェナント・ハウス」の認知度を高めたことで選ばれた。

 「今年で4年目となる恒例のパワー・オブ・ウーマン・ニューヨークの昼食会で、この傑出した女性たちを称賛することに大きな喜びを感じています」と同誌のグループ編集人/最高販売責任者のミッシェル・ソブリノ・スターンズ(Michelle Sobrino Stearns)は声明でコメントしている。「ニューヨーク市の中心にあるのは、エンターテイメント、メディア、そして政治における強い女性の活気あるコミュニティで、慈善活動に対する、その揺るぎなき決意は感動を与えています」

 今回の受賞者全員はVarietyの「New York Women’s Issue」号の表紙を飾り、4月21日にニューヨークのシプリアニ・ミッドタウンでの昼食会で表彰される。司会は米人気深夜バラエティ番組「サタデー・ナイト・ライブ」のヴァネッサ・ベイヤー(Vanessa Bayer)が務める。

 昨年の同イベントでは、女優のルピタ・ニョンゴ(Lupita Nyong’o)やジュリアン・ムーア(Julianne Moore)、バレエダンサーのミスティ・コープランド(Misty Copeland)、ファッションデザイナーのヴェラ・ワン(Vera Wang)、アンカーウーマンのメジン・ケリー(Megyn Kelly)らが選出された。

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。