• BRASH TOP >
  • Lifestyle>
  • ケンダル・ジェンナー、ストーカーと遭遇した恐怖を振り返る

17.03.25(Sat)

ケンダル・ジェンナー、ストーカーと遭遇した恐怖を振り返る

Brash Editorial Team

Brash Editorial Team

 米リアリティ番組「カーダシアン家のお騒がせセレブライフ」で知られ、モデルとしても活躍するケンダル・ジェンナー(Kendall Jenner)が、ストーカーと遭遇したときの恐怖を克明に語った。

 シャヴォーン・マッケンジー(Shavaughn McKenzie)被告は昨年8月、ハリウッドヒルズにあるケンダルの自宅近くで待ち伏せし、車で帰ってきた彼女を追いかけて防犯ゲートをくぐり抜け、後に逮捕された。ケンダルは10月、ロサンゼルス郡裁判所で証言し、マッケンジーに対する5年間の接近禁止命令を獲得。マッケンジーは彼女に近づいたり、連絡をとったりすることを禁じられた。

 「お騒がせセレブライフ」にも出演しているキム・カーダシアン(Kim Kardashian)の異父妹でもあるケンダルは、同番組の予告編で母クリス・ジェンナー(Kris Jenner)と異父姉コートニー・カーダシアン(Kourtney Kardashian)の元パートナー、スコット・ディシック(Scott Disick)に事の次第を説明した。

 「ある晩、帰ってきたら家の前の道路に男の人が腰を下ろしていたの。『おかしい』と思ったわ」とケンダルは話している。「その人を避けて車で家に入って、ゲートが閉まるのを見ていたの。エンジンを切って、荷物をまとめて、ドアを開けようとしてバックミラーを見たら、その人が立っていたの…。ゲートのところで、車のすぐ後ろに」

 ケンダルはカメラに向かい、自分は独立心がとても強く、1人でいるのが好きだったものの、ストーカー被害に遭ってからはそれが「根底から覆った」という。マッケンジー被告は裁判まで収監されているともつけ加えた。

 「すごく怖くなっていたら、彼が『話がしたい』と言ってきた。私は『いいえ、出てって』と言い返したわ」とケンダルは続けた。「すぐに友だちの1人を呼んだの。泣きじゃくって止まらなかった。彼はすぐそばの窓まで来て、窓を叩いて怒鳴っていたわ。ようやく車をバックさせてゲートまで行くと、ゲートが開いて外に出られた。すると突然、彼が私に向かって走り出したの」

 幸い、その瞬間に友人らが駆けつけ、マッケンジー被告を縁石に座らせ、通報した警官が到着するのを待ったという。

 米現地時間26日に放送されるこのエピソードでは、妹のカイリー・ジェンナー(Kylie Jenner)が怖い目に遭う場面もある。警報装置が外出中に誰かが侵入したことを知らせており、母クリスのパートナーであるコーリー・ギャンブル(Corey Gamble)が様子をみる。

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。