• BRASH TOP >
  • Lifestyle>
  • カイア・ガーバー、母シンディ・クロフォードの化粧品をいまだにしょっちゅう拝借!?

17.03.27(Mon)

カイア・ガーバー、母シンディ・クロフォードの化粧品をいまだにしょっちゅう拝借!?

Brash Editorial Team

Brash Editorial Team

米若手人気モデルのカイア・ガーバー(Kaia Gerber)は、ご存知元祖スーパーモデルのシンディ・クロフォード(Cindy Crawford)の娘さん。10歳の頃からモデル仕事を始め、Vogue Paris誌2016年4月号ではいつまでも美しい母シンディとツーショットで表紙を飾り、「マーク ジェイコブス」(Marc Jacobs)のメイクラインの広告プロモーションの顔を務めるなど、今後の活躍がいよいよ期待される15歳だ。

「むかしは、母の化粧品をしょっちゅう拝借していたの」と、カイアはTelegraph紙に対して打ち明けている。「いまはもちろん自分のものがたくさんあるのだけれど、それでも時々は母から借りることにしているのよ。母から、あれはどこにあるか知らない?と聞かれて、“全然見当つかないわ”とか誤魔化すことも!」

とは言え、普段のメイクは必要最低限に、スキンケアにおいては自然素材をなるべく使うことを心掛けているというカイア。住んでいるのが一年中陽光に恵まれているカリフォルニア州のマリブとあって、日焼け止めだけは欠かすことが決してないそうだ。

「朝起きた後は、顔を洗ったら日焼け止めを塗るだけということが多いの。一日の終わりにまた洗顔するのだけれど、特に肌が乾いてしまった時以外にはモイスチャライザーは使わないことにしている。なるべく肌にはあれこれしないほうが、肌の感じが良いようなのよ」

モデルをしているとき以外は、友達と一緒に時間を過ごしたり、テレビ鑑賞に興じたりする、ごく普通の学生だというカイアだが、ジムに通ってフィットネスのクラスで汗を流すことは彼女の生活のひとつの中心ではある。

「普通のことを出来るというのは嬉しいこと。週2回はダンスのレッスンをして、ボクシングもしている。どちらもとても良い気晴らしになるのよ。ボクシングはとてもきついのだけれど、ワークアウトという気がしないから、最高なの!」

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。