• BRASH TOP >
  • Lifestyle>
  • 「オレンジ・イズ・ザ・ニュー・ブラック」のサミラ・ワイリーが脚本家と結婚!

17.03.28(Tue)

「オレンジ・イズ・ザ・ニュー・ブラック」のサミラ・ワイリーが脚本家と結婚!

Brash Editorial Team

Brash Editorial Team

 米Netflixが配信するドラマ「オレンジ・イズ・ザ・ニュー・ブラック 塀の中の彼女たち」に出演している女優のサミラ・ワイリー(Samira Wiley, 29)が25日に結婚した。

 サミラはカリフォルニア州パームスプリングスで行われた結婚式で家族や友人に囲まれ、長年のパートナーで同ドラマの脚本を手がけるローレン・モレッリ(Lauren Morelli)と結婚したと米People誌が伝えた。

 米Martha Stewart Weddings誌によると、紙吹雪をテーマとした伝統とは異なる結婚式で、サミラの両親が立会人を務めたという。また音楽も型破りなもので、モンテル・ジョーダン(Montell Jordan)の「ジス・イズ・ハウ・ウィ・ドゥ・イット 」が退場時に流れ、ジャスティン・ビーバー(Justin Bieber)の「ベイビー」が披露宴の入場時に使われた。

 2人の花嫁のドレスをデザインしたのはクリスチャン・シリアノ(Christian Siriano)で、サミラはオフショルダーの白いドレス、ローレンはテーラーメイドのジャンプスーツに緻密な模様をあしらったネックラインと緩やかに垂れ下がったケープを添えていた。

 ローレンは昨年10月、パームスプリングスでイエローゴールドとダイヤモンドの指輪でサミラにプロポーズしており、2人には特別な思い入れがある場所でもある。

 ローレンは以前、プロデューサーのスティーヴ・バシロン(Steve Basilone)と結婚していたが、「オレンジ・イズ・ザ・ニュー・ブラック」で仕事をするうちに同性愛者であることに気づき、2014年に離婚した。その後、サミラに安らぎを見いだし、やがて恋に落ちた。

 「サミラが感情のはけ口になってくれて、そうするうちに彼女に恋をしたの」とローレンは昨年12月、米Out誌で語っている。「でも、『どんなに好きでも付き合えるわけがない』と考えていたわ。彼女と一緒になるなんて、あまりにも話がうますぎると感じていたの」

 サミラとの交際をスタートしてから約2年後、ローレンはパームスプリングスで休暇をすごす前にプロポーズを計画。そうすれば休暇中に祝うことができるからだ。

 「彼女が気づいていると思うと不安で怖かったけれど、すごく驚いていて、泣きやませることができなかったくらい」とローレンはプロポーズの瞬間を説明した。

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。