• BRASH TOP >
  • Lifestyle>
  • 小柄なクリスティーナ・リッチ、自分のプロポーションに合ったアンサンブルを必ず選ぶ!

17.03.29(Wed)

小柄なクリスティーナ・リッチ、自分のプロポーションに合ったアンサンブルを必ず選ぶ!

Brash Editorial Team

Brash Editorial Team

米女優のクリスティーナ・リッチ(Christina Ricci、37)といえば、レッドカーペットでのおシャレには定評のある女優さん。身長153cmと小柄なクリスティーナが何よりも心掛けているのは、自分の身体にあったアンサンブルを考えることだという。

「レディのような着こなしをするのが、わたしは好き」と、クリスティーナはThe Editに対して微笑みながら語っている。「シャネルの小振りのドレスに大きなジュエリーを配するとかね。わたしは身長が153cmだから、アンサンブルの均整にはすごく目が行くの。ウェストをしっかり際立たせるか、ドレスをすごく短めにするか、必ずどちらかにはしないといけない。この年齢になると、あまり短いドレスだと少し自分でも滑稽に思うってしまうから、おのずとそうでないほうのアンサンブルに最近はなるわ」

着る服を少しずつ変えてきているのと同時に、髪型も新しいものに近ごろは挑戦しているクリスティーナ。ここ数年はヘアカラーを明るめのライトブロンドにもしている。これは、前からクリスティーナが試したいと思っていたことだったそうだが、2015年から放映中のTVドラマ『Z: The Beginning of Everything』において、小説家F・スコット・フィッツジェラルドの妻にしてアメリカ1920年代を代表する文化的なアイコンだったゼルダ・フィッツジェラルドを演じるのが決まって、この髪色にいよいよ踏み切ったのだそうだ。

「ブロンドにしてみたいと前々から思っていたの。『Z』自体の撮影ではウィッグを使うことが多いのだけれど、このドラマを理由にして地毛もブロンドに染めてみちゃった。それが、こんなに気に入るとは自分でもビックリ!小さい女の子が、キラキラしたものが好きなのに似ているかもね。きれいな色だもの!」

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。