• BRASH TOP >
  • Lifestyle>
  • マライア・キャリー、誕生日を恋人ブライアン・タナカたちとのメキシコ休暇旅行で祝う!

17.03.29(Wed)

マライア・キャリー、誕生日を恋人ブライアン・タナカたちとのメキシコ休暇旅行で祝う!

Brash Editorial Team

Brash Editorial Team

米歌姫マライア・キャリー(Mariah Carey)は、3月27日に47歳の誕生日を迎えたが、この日をマライアは5歳になる双子の娘モロッカン(Moroccan)とモンロー(Monroe)ちゃんたち、および昨年から交際中の現在のBFブライン・タナカ(Bryan Tanaka、35)を含む家族や親しい友人たちとメキシコのサンルーカス岬に休暇旅行に出かけることで祝った。ETOnlineが伝えるところでは、マライアはヴィラを借り切ってこの休暇を楽しんだという。

ブライアンは、Instagram上にテラスで寛ぐ自分とマライアの写真などを公開し、“シックでリラックスした雰囲気の中、誕生日記念のお祝いを始めるところ。お誕生日おめでとう!”とコメントしていた。一方、マライアは、Twitterで“わたしのお誕生日に対してたくさんの美しいメッセージをありがとう。みなのことを愛しているわ!”とツイートしている。

昨年の誕生日は、自身の「The Sweet Sweet Fantasy Tour」の真最中でスタッフか開いたパーティで祝ったマライア。その際には、上半身裸のブライアンがケーキの中なら飛び出すという趣向もあった大騒ぎだったのが思い出される。その模様も含めて、当時まだ実業家ジェームズ・パッカー(James Packer)氏と婚約中だったマライアと、彼女のバックダンサーであるブライアンとの目立った親密ぶりが、マライアが主演するTVリアリティ番組『Mariah’s World』でも放映され、当時マライアチームのアーティスティックディレクターだったアンソニー・バレル(Anthony Burrell)をして、“ブライアンは危険な領域に踏み込んでいる”と激怒させ、「この女性は、間もなく結婚しようというひとだぞ。お前の仕事はいったい何だと考えているのだ!」と、アンソニーが声をブライアンに対して荒げる場面もあったものだ。

その後マライアは、ジェームズとの婚約を昨年10月に破棄するに至った。

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。