• BRASH TOP >
  • Lifestyle>
  • シャキーラ、母国コロンビアに7校目の学校を開設!

17.03.30(Thu)

シャキーラ、母国コロンビアに7校目の学校を開設!

Brash Editorial Team

Brash Editorial Team

 コロンビア出身の歌姫シャキーラ(Shakira, 40)が、出身地であるバランキージャに新たな学校を開校する。

 シャキーラは子どもたちに教育を提供することを目的とした「ベアフット・ファウンデーション」(裸足の基金)を1997年に立ち上げ、これまでにコロンビアで6校を開校した。2019年に7校目となる「Institucion Nuevo Bosque」が開校する。

 「コロンビアで学校を建てる活動を始めた20年前、私たちはまさに何もない遠隔地を選びました。インフラも、道も、それに持ち運びできる水もありませんでした」とシャキーラは声明でコメントしている。「私たちは政府が不在で良質の教育が受けられない数千人の子どもたちのために学校を建ててきました」

 「変化はあっという間でした。仕事が生まれ、栄養失調が急激に改善し、生徒たちは勉強をがんばっています」

 またシャキーラは、貧困と闘うには学校を建てることが大事だと強調した。

 「国際社会で生きる私たちが豊かな世界を求めるなら、子どもたちに投資する必要があります」とシャキーラはスペインのプロサッカーチーム、FCバルセロナの動画で語っている。「子どもたちを援助することは、貧困を撲滅する最も効果的な方法です」

 昨年12月にはシャキーラが2009年に設立した学校が、生徒のテスト成績を根拠に測定した調査でコロンビアのトップになった。

 「撮影の最中だけど、ついさっきすばらしい知らせを受けたの。ここでそのお祝いがしたい」とシャキーラは当時、SNSに書き込んでいる。「コロンビアでは毎年、テストの成績に基いて最も優秀な公立・私立校のリストが作成される。どの学校がリストでトップだと思う? バランキージャにあるファンダシオン・ピエス・デスカルソス(裸足の基金)よ!」

 「生徒全員に大きなキスを送ります。みんな愛しているわ。もっと上を目指しましょう」

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。