• BRASH TOP >
  • Lifestyle>
  • ブラッド・ピット、『デッドプール』続編のケーブル役でスクリーンテストを受けていたことが判明!

17.03.31(Fri)

ブラッド・ピット、『デッドプール』続編のケーブル役でスクリーンテストを受けていたことが判明!

Brash Editorial Team

Brash Editorial Team

 俳優のブラッド・ピット(Brad Pitt)が、『デッドプール』の続編『Deadpool 2(原題)』にスーパーヒーローのケーブル役で出演を検討していたが、スケジュールの都合で見送っていたことが分かった。

 『ファイト・クラブ』などで知られるブラッドが『Deadpool 2』に出演するのではという憶測は先週、ブラッドがケーブルのコスチュームを着ているコンセプトアートが流出したことで広まった。監督のデヴィッド・リーチ(David Leitch)は、ブラッドがライアン・レイノルズ(Ryan Reynolds)との共演でマーベル作品に参戦することに興味を示していたことを認めた。スクリーンテストまで受けたものの、撮影のタイミングが合わなかったという。

 「ブラッドと最高のミーティングができた。彼はすごく企画に興味を持っていたが、スケジュールの都合がつかなかったんだ」とリーチ監督はコミックブック情報サイト「ComicBook.com」で明かした。「彼は(作品の)ファンで、僕たちもぜひ仕事したいと思っているし、彼ならすばらしいケーブルを演じてくれただろう」

 その後、『マン・オブ・スティール』に出演していたマイケル・シャノン(Michael Shannon)がケーブル役の最有力候補に浮上し、リーチ監督もマイケルが打ってつけだと明言した。

 「マイケル・シャノンという名前がすべてを物語っていると思う。すばらしい役者だし、どんな役でも見事に演じられる」と監督は映画情報サイト「JoBlo.com」で語っている。「役者として一目置いているし、見事なケーブルになってくれるだろう」

 「もし出演が決定したら、彼のような並外れた役者と一緒に仕事ができることを最高にうれしく思う。候補リストに沿って検討している最中だから、今の時点でそうなるとは言えない。でも、彼については良い評価しか持っていないし、僕自身、大ファンでもあるんだ」

 マイケルが出演契約を交わした場合、ミュータント傭兵のドミノ役に起用されたザジ・ビーツ(Zazie Beetz)と同じくシリーズの新メンバーとなる。

 『Deadpool 2』の撮影は今夏からカナダのバンクーバーでスタートし、2018年の公開が予定されている。

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。