• BRASH TOP >
  • Lifestyle>
  • エリック・クラプトン、72歳の誕生日に健康不安説が浮上

17.03.31(Fri)

エリック・クラプトン、72歳の誕生日に健康不安説が浮上

Brash Editorial Team

Brash Editorial Team

 名ギタリストのエリック・クラプトン(Eric Clapton, 72)が車イスに乗っている写真が3月29日にネット上に出回ったことから、健康不安説に拍車がかかっている。

 「いとしのレイラ」などで知られるクラプトンは先週末、重度の気管支炎のためロサンゼルス郡イングルウッドにあるアリーナ「ザ・フォーラム」で予定していた2公演のコンサートを延期したが、ここへ来て健康状態はファンが当初考えていたよりも重い可能性が出ている。

 エンターテイメント情報サイト「X17」は29日、ロサンゼルス国際空港で衰弱したクラプトンが車イスに乗り、アシスタントに押されている様子を撮影した写真を入手。10代の娘の手を握り、搭乗口へと向かっていた。

 病身のクラプトンの姿を見たファンの間では不安が広まり、30日に誕生日を迎えた伝説的ギタリストのTwitterには励ましの言葉が殺到した。

 「ミスター・スローハンド、誕生日おめでとう。回復までの道のりを照らす愛と光を送ります」とあるユーザーはツイートし、「調子が悪いようでかわいそう」と書かれたデジタルカードを添えた。

 ロサンゼルス在住の別のファンは、回復したクラプトンのライブが見たいと書き込んだ。「エリック・クラプトンに幸あれ! 3月にLAに来たら最高のステージを見せてほしい」と「@fuzzzymusic」というユーザーはツイートし、「健康でいてほしい。すばらしい音楽をありがとう」とつけ加えた。

 一方、クラプトンの回復力に驚くファンも中にはいる。「一体全体どうしてエリック・クラプトンはまだ生きてるんだ?」とあるユーザーはつぶやいた。

 クラプトンは3月にニューヨークのマジソン・スクエア・ガーデンでライブを行ったが、今年はその2公演しかステージに登場していない。

 ザ・フォーラムでクラプトンをサポートする予定だったギタリストのゲイリー・クラーク・ジュニア(Gary Clark Jr.)も回復を待ち望んでいる。「エリック・クラプトンの速やかな回復を祈り、9月のコンサートを楽しみにしている」と彼はツイートした。

 クラプトンは今回延期されたコンサートの埋め合わせのため、9月にロサンゼルスのザ・フォーラムに戻る予定だ。

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。