• BRASH TOP >
  • Lifestyle>
  • キム・カーダシアン、第3子妊娠に向けて子宮手術を決意!

17.03.31(Fri)

キム・カーダシアン、第3子妊娠に向けて子宮手術を決意!

Brash Editorial Team

Brash Editorial Team

 米リアリティ番組「カーダシアン家のお騒がせセレブライフ」で知られるキム・カーダシアン(Kim Kardashian, 36)が、夫でラップ歌手のカニエ・ウェスト(Kanye West)との第3子を妊娠する可能性を高めるため、子宮手術を受ける決意を固めたようだ。

 キムはカニエとの間に長女ノース(North, 3)ちゃんと長男セイント(Saint, 1)君を授かっているが、不妊や高リスク妊娠で非常に苦しんできた。しかし「お騒がせセレブライフ」の予告編で、もう一度妊娠する可能性を高めるため手術を考えていると打ち明けている。

 「もう1人子どもをつくると決めたから、子宮の準備を始めないといけないの」とキムは4月2日に放送されるエピソードの予告編で家族に話している。「この弱点に備えるという意味でも子宮の手術を受ける必要がある。中をきれいにしてもらうけれど、瘢痕組織があるの」とキムは説明した。「それでも高リスク妊娠であることは変わらないわ」

 キムはノースちゃんを妊娠中に子癇前症と診断された。高血圧などを引き起こす危険な症状で、さらにセイント君を妊娠中には子宮の中で胎盤が子宮筋層にくっつき、子宮から離れられなくなる癒着胎盤を起こした。どちらのケースでも命を落とす危険があったものの、キムが3人目を産む気持ちは変わらない。

 「子どもが増えると、子育てに追われるのは分かっているわ」とキムは認めた。「これまでの出産は本当にひどくて、もう一度妊娠するのは安全じゃないと医者は考えているの」

 「この手術は、私が受けられる本当に最後の手術になるわ」とキムはつけ加えた。「子どもたちにはきょうだいがいてほしいし、それを実現するために全力を尽くしたことを知ってほしいの」

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。