• BRASH TOP >
  • Lifestyle>
  • クリス・エヴァンス、元恋人ジェニー・スレイトに未練?

17.03.31(Fri)

クリス・エヴァンス、元恋人ジェニー・スレイトに未練?

Brash Editorial Team

Brash Editorial Team

 マーベル作品でキャプテン・アメリカを演じるクリス・エヴァンス(Chris Evans)が、先月破局した女優のジェニー・スレイト(Jenny Slate)のことを「好きな人間」だと語り、未練をにじませている。

 ありそうにない組み合わせとみられていたクリスとジェニーは昨年、新作映画『Gifted(原題)』で共演したことがきっかけで交際をスタート。長続きしなかったとはいえ、クリスはジェニーについて良い思い出しか残っていないようだ。

 「彼女は僕の大好きな人間だよ」とクリスは米People誌に語っている。「最高の人間だ。彼女ほど英語という言語に精通した人は会ったことがないよ。言葉にまったくムダがない。『自分の人となりを美しく表現する、信じられないようなボキャブラリーだ』と思うしかないくらいにね」

 「彼女との会話は、まるで芸術のようだ。彼女の表現で連想するビジュアルは本当に色鮮やかなんだ」とクリスは続けた。「彼女はとても傷つきやすく、正直で、自分よりも他人に興味を持っている。とんでもないほど思いやりがあって、とにかく愛さずにはいられない人だよ」

 これまでにミンカ・ケリー(Minka Kelly)やジェシカ・ビール(Jessica Biel)らと交際してきたクリスは、ジェニーと別れた理由について打ち明けていないが、『ズートピア』でベルウェザー副市長の声も担当したジェニーは先日、クリスのことを「かわいらしい人」と呼んでおり、お互いに似たような気持ちを共有しているようだ。

 またジェニーは、私生活でメディアの注目を集めることがつらいとも認めている。一方のクリスは数年前にハリウッドスターの地位を不動のものにして以来、そうした環境に慣れている。

 「僕は俳優になることを選んだ。俳優でありながら、『みんなが僕のことを知ろうとしてウザい!』なんてことは通用しないよ」とクリスは説明した。「ある程度は歓迎するよ。インタビューでもそうだけど、ほとんどの場合、率直にならないと違和感がある。ある程度、特定の話題を打ち明けるのは正しいと思うんだ。だから、ある日突然、自分が大勢の人から好奇心の対象になったとしても、あまり気を悪くすることはないよ」

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。