• BRASH TOP >
  • 未分類>
  • トーマス・コーエン、妻ピーチズ・ゲルドフの死体を発見直後に子どもたちの昼食を準備

17.04.01(Sat)

トーマス・コーエン、妻ピーチズ・ゲルドフの死体を発見直後に子どもたちの昼食を準備

Brash Editorial Team

Brash Editorial Team

 元「S.C.U.M.」のトーマス・コーエン(Thomas Cohen)は、妻ピーチズ・ゲルドフ(Peaches Geldof, 25)さんの死体を自宅で見つけた際、ショックを通り越していた。

 英ミュージシャンのボブ・ゲルドフ(Sir Bob Geldof)の娘だったピーチズさんは2014年、トーマスや息子2人と一緒に暮らしていた英ケント州ロサムの自宅でヘロインの過剰摂取により死亡した。トーマスは妻の死体を発見するという不幸な経験をしたが、ピーチズさんの死を予感していたと話している。

 「妻を見つけたとき、僕は驚かなかった」とトーマスは独Bild誌に語っている。「そのとき、『ああそうか、そうするしかなかったんだよな!』という言葉が頭に浮かんだ。今でも覚えているのは、(死体を)見つけてから1時間もすると、子どもたちのランチの時間になったことだ。お昼を食べさせないといけないから、テーブルにイスを持ってきて、冷蔵庫からヨーグルトとバナナを取り出したんだ…」

 悲劇から約3年が経ち、トーマスは長男アスタラ(Astala)君と次男フェードラ(Phaedra)君が、母親がいなくても「奇跡的に幸せな生活を送っている」と嬉しそうに話している。妻を失ったあとは、子どもたちが前に進む力を与えてくれたという。

 「子どもたちとの日課を守ったことで本当に救われたよ」とトーマスは打ち明けた。「母親を知っていた年月よりも長い時間を生きている。当時は1歳と2歳だったんだ。今では4歳と5歳になったよ」

 トーマスとピーチズさんは2012年、ケント州ダヴィントンの教会で結婚した。この教会はピーチズさんの母で英モデルだったポーラ・イェーツ(Paula Yates)さんがボブと結婚した場所でもある。娘と同じく、ポーラさんも2000年にヘロインの過剰摂取で亡くなっている。

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。