• BRASH TOP >
  • Lifestyle>
  • 「フレンズ」のデヴィッド・シュワイマー、結婚から6年で妻と別居

17.04.06(Thu)

「フレンズ」のデヴィッド・シュワイマー、結婚から6年で妻と別居

Brash Editorial Team

Brash Editorial Team

 90年代の人気TVシリーズ「フレンズ」で知られる米俳優のデヴィッド・シュワイマー(David Schwimmer, 50)が、英フォトグラファーのゾーイ・バックマン(Zoe Buckman, 31)と別居していることが分かった。

 米Us Weekly誌が入手した声明によると、6年前に結婚したデヴィッドとゾーイは別居を事実と認め、関係を見つめ直すために時間を置くと説明している。

 「私たちは2人の将来を考えるために、たくさんの愛情と尊敬、そして友情を持って少し時間を置くことを決めました」と2人はコメントしている。「私たちが最も優先することは、もちろん、この困難な時期に娘の幸せと健康を守ることです。みなさんの支援とプライバシーの尊重をお願いするとともに、私たちは娘を一緒に育て、家族の新しい章へ出発するつもりです」

 デヴィッドは2007年、監督も務めたコメディ『ラン・ファットボーイ・ラン 走れメタボ』の撮影をしていたロンドンでゾーイと知り合った。彼女はデヴィッドと一緒になるためにロサンゼルスに移り、2010年6月に結婚。2011年5月に1人娘のクレオ(Cleo)ちゃんを出産した。

 デヴィッドは別居が報じられる前日、セクハラをテーマにした動画シリーズを立ち上げた。シーガル・アヴィン(Sigal Avin)監督の短編動画シリーズ「#ThatsHarassment」の1本に出演しており、家族の女性メンバー全員がハラスメントの被害を受けてきたため、企画に参加せずにいられなかったと認めた。

 「家族や人生で出会った女性は、誰もがセクハラをされた経験があるんだ。幸い、まだ6歳の娘は例外だけどね」とデヴィッドはCosmopolitan誌オンライン版で語っている。「この(キャンペーンの)目的は、ハラスメントの被害者や、セクハラを目撃したり、気づいたりしている人を励まし、口を開く勇気を与えることなんだ。現実では、こうしたハラスメントは職場環境で起きている。それは力関係が原因だよ。人は報復を恐れて、目撃しても前に出たり、発言したりしないことが問題なんだ」

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。