• BRASH TOP >
  • Lifestyle>
  • 「うつ」を告白したベラ・ソーン、批判されツイートを削除

17.04.06(Thu)

「うつ」を告白したベラ・ソーン、批判されツイートを削除

Brash Editorial Team

Brash Editorial Team

 人気若手女優のベラ・ソーン(Bella Thorne, 19)が、自分がうつで苦しんでいる「結論に達した」と打ち明けた。

 ベラは4日夜、Twitterにアップしたメッセージで精神衛生上の問題を抱えていることをファンに告白。「自分がうつと闘っているという結論に達したわ。あなたは1人じゃない」とベラはツイートし、ハートの絵文字を添えた。

 ベラの告白はネット上で賛否両論を巻き起こした。彼女を応援し、問題を打ち明けたことを称賛するファンがいる一方で、正式な診断を受けていないのにうつという言葉を気軽に使ったことを批判する向きもある。

 あるユーザーが「大ファンだけど、診断を受けていないならその言葉を使わないでほしい。うつは深刻な問題だから」とつぶやくと、別のユーザーも「自分がうつだと勝手に結論づけるのはやめたほうがいい。悲しいとか不幸だとかの感情とは違う」とツイートした。

 ベラはその後、問題のツイートを削除している。

 ベラは1週間以上前、「付き合う相手がいなくてつまらない」とTwitterに投稿し、恋人がいない生活に不満をぶちまけた。

 また、米TVシリーズ「シェキラ!」などで知られるベラは昨年12月、米人気TVドラマ「ティーン・ウルフ」で知られる俳優のタイラー・ポージー(Tyler Posey)を裏切って歌手のチャーリー・プース(Charlie Puth)と浮気したと報じられたことで批判された。しかしベラはチャーリーとはただの友人で、タイラーとの関係はその前に終わっていたと事実関係を明らかにした。

 彼女はエンターテイメント情報サイト「ET Online」とのインタビューで、三角関係がうわさされたことで殺害の脅迫が寄せられたと打ち明けた。

 「ハリウッドでは恋愛が文字通り最悪だわ」とベラ。「みんなSNSでクレージーなことばかり言っているし、それに残念だけど私はそういう人たちが好きな人と付き合ってしまう。その人たちは彼らが本当に好きで、私を殺したいと思っているのよ。実際、本気で殺してやるという脅しがTwitterで送られているわ」

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。