• BRASH TOP >
  • Lifestyle>
  • 『スパイダーマン』のトビー・マグワイア、北欧ミステリー小説の映画化で監督デビュー!

17.04.06(Thu)

『スパイダーマン』のトビー・マグワイア、北欧ミステリー小説の映画化で監督デビュー!

Brash Editorial Team

Brash Editorial Team

 『スパイダーマン』シリーズで知られる俳優のトビー・マグワイア(Tobey Maguire)が、カメラの前から後ろに立ち、人気北欧ミステリー小説「その雪と血を」の映画化作品で監督デビューを飾る。

 トビーは最近、ジョー・ネスボ(Jo Nesbo)の原作小説の権利を獲得。ネスボも脚色として参加すると米エンターテイメント情報サイト「Deadline」が伝えた。原作はノルウェーでギャングのボスに仕える有能なヒットマンが主人公だ。

 トビーはプロデューサーも務める。これまでに『フィフス・ウェイブ』や『Z for Zachariah(原題)』、『ロック・オブ・エイジズ』などでも製作を手がけ、現在アメリカで公開中の大ヒットアニメ『The Boss Baby(原題)』では声の出演をしている。

 ネスボの小説が映画化されるのはこれが初めてではなく、「スノーマン」などハリー・ホーレ警部を主人公としたシリーズを原作とする映画『The Snowman(原題)』は10月に公開され、マイケル・ファスベンダー(Michael Fassbender)がホーレ警部を演じる。レベッカ・ファーガソン(Rebecca Ferguson)やヴァル・キルマー(Val Kilmer)、J・K・シモンズ(J.K. Simmons)らも出演する。

 また「ザ・サン 罪の息子」もジェイク・ギレンホール(Jake Gyllenhaal)の製作・主演で映画化が決まっており、ドゥニ・ヴィルヌーヴ(Denis Villeneuve)監督がメガホンをとる。

  トビーは昨年10月、妻でジュエリーデザイナーのジェニファー・メイヤー(Jennifer Meyer)と結婚から9年で離婚することを発表した。

 「深い内省と熟慮の結果、私たちは夫婦としては別れることを決めました」と2人は共同声明でコメントした。「子どもたちを愛する親として、揺るぎない愛情、尊敬、そして友情を持って一緒に子育てをすることが最優先であることに変わりはありません」

 元夫妻の間には長女ルビー(Ruby)ちゃんと長男オーティス(Otis)君が生まれている。トビーとジェニファーは2003年に出会い、4年後にハワイで挙式した。

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。