• BRASH TOP >
  • Lifestyle>
  • 故マイケル・ジャクソンの娘パリス、弟が祖母の家で一人暮らしをしていると心配に?

17.04.12(Wed)

故マイケル・ジャクソンの娘パリス、弟が祖母の家で一人暮らしをしていると心配に?

Brash Editorial Team

Brash Editorial Team

 故マイケル・ジャクソン(Michael Jackson)の娘パリス・ジャクソン(Paris Jackson)が、カリフォルニア州の祖母の家で「一人暮らし」をしている弟でブランケット(Blanket)の愛称で知られる次男プリンス・マイケル・ジャクソン2世(Prince Michael Jackson II, 15)が無事で生活しているかどうか心配している。

 米芸能情報サイト「TMZ」によると、モデルとして活動し、女優を目指しているパリスは、ブランケットが自力で生活させられているのではと不安になっているという。祖母のキャサリン・ジャクソン(Katherine Jackson, 86)は1月にロンドンへ出発して以来、同州カラバサスの自宅に戻っていないためだ。

 ブランケットのいとこにあたるティト・ジョー・「TJ」・ジャクソン(Tito Joe ‘TJ’ Jackson, 38)と祖母は、マイケルさんが死去した2009年に子どもたちの後見人に指名された。TJは妻フランシス(Frances)と交代でブランケットの面倒をみているとみられている。

 キャサリンは先日出産した娘のジャネット・ジャクソン(Janet Jackson)が住むロンドンに滞在し、治療を受けていると伝えられている。しかし、おいのトレント・ジャクソン(Trent Jackson)に虐待を受けたとされる裁判で証言するためアメリカに戻ることを求められているにもかかわらず、いまだに帰国していない。また、今月25日に予定されている公聴会の前に帰国した後は、長女レビー(Rebbie, 66)の自宅に滞在することになっているという。

 TMZによると、パリスはブランケットが近親の世話が行き届かない状況にあると心配しており、ロンドンに出発して以降はマイケルさんの長女パリス、長男プリンス(Prince)、ブランケットらと言葉を交わしていないキャサリンが受けているおばのレビーや他の家族の影響力を懸念しているという。

 不安定な日々を送っているとみられるブランケットだが、TMZによると、通っている私立校では成績優秀で、人付き合いのいい子に育っているという。

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。