• BRASH TOP >
  • Lifestyle>
  • ケイティ・ペリー、自分との熱愛を報じられたライアン・フィリップにユーモアを込めて謝罪!

17.04.12(Wed)

ケイティ・ペリー、自分との熱愛を報じられたライアン・フィリップにユーモアを込めて謝罪!

Brash Editorial Team

Brash Editorial Team

 人気歌手のケイティ・ペリー(Katy Perry)が、自分との熱愛を報じられた俳優のライアン・フィリップ(Ryan Phillippe)に、ユーモラスなやり方で騒ぎを謝罪した。

 『クルーエル・インテンションズ』などで知られるライアンとケイティは先月、ロサンゼルスであった英歌手エルトン・ジョン(Elton John, 70)の誕生日パーティーで「猛烈にイチャイチャ」していたと報じられた。しかし10日、ライアンは「彼女のことはほとんど知らない。家の上でヘリコプターを飛ばすのはやめてほしい。彼女はここにいない。ありがとう」とTwitterに太字の大文字で書いたメッセージを投稿。スクープを狙うマスコミに不満をもらし、うわさを否定した。

 するとケイティもライアンの言葉に対し、「はじめまして。例の件、ご迷惑をかけました。ライアン、続けて下さい(爆笑)」とTwitterに書き込んだ。

 ライアンはメッセージを投稿した後、「ケイティ・ペリーを地下室にかくまっている人が言いそう」だと冗談を言ってきたファンに対し、茶目っ気たっぷりに「シーッ」と応じていた。

 ケイティもこのリアクションに触れ、ライアンにこんなお願いをした。「お願いだから、もう地下室から出してくれない?」

 ケイティはその数時間前、ピクシーカットだったブロンドの髪をさらに短くした新しいヘアスタイルを披露して話題を集めていた。Instagramで公開した自撮り写真には、ハンガーラックの前でポーズをとり、頭の半分までジャケットのフードをかぶったケイティが写っている。しかしフードからはみ出した髪はギリギリまで短くなっており、ベリーショートにする決意をした様子がうかがえる。

 「フィフス・エレメントみたいな髪の流れ」とケイティはキャプションを添え、ブルース・ウィリス(Bruce Willis)主演の同名映画に言及した。

 ケイティはここ数ヶ月、いろんなヘアスタイルに挑戦しており、1月にはブルネットからプラチナブロンドに染めたが、3月2日にはショルダーレングスボブからピクシーカットにしていた。

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。