• BRASH TOP >
  • Lifestyle>
  • ハートのアン・ウィルソンの夫、10代のおいへの暴行容疑を認める

17.04.17(Mon)

ハートのアン・ウィルソンの夫、10代のおいへの暴行容疑を認める

Brash Editorial Team

Brash Editorial Team

 米ロックバンド、ハート(Heart)のアン・ウィルソン(Ann Wilson)の夫が、彼女の10代のおいに対する2件の暴行容疑で有罪を認めた。

 ディーン・ウェッター(Dean Wetter, 65)被告は昨年の夏、アンの妹ナンシー(Nancy)の双子の息子たちを暴行した疑いで逮捕された。そして今月14日に暴行で有罪判決を受けた。

 米ニュースサイト「Seattle Post-Intelligencer」によると、ウェッター被告は司法取引を受け入れ、被害者への賠償金、カウンセリングの受講、保護観察処分を義務づけられた。この取引でおいとの接触を禁じられたほか、364日間の禁錮刑は一時的に執行が停止された。

 ウェッター被告は昨年8月、ハートのギタリストであるナンシーと元夫で映画監督のキャメロン・クロウ(Cameron Crowe)の双子の息子で、アンのおいにあたるカーティス(Curtis, 16)とウィリアム・クロウ(William Crowe)の首を絞めた容疑で逮捕された。

 米People誌が入手した法廷文書によると、暴行が起きたのは口論がきっかけだが、ウェッター被告が「激怒しておいの1人の後頭部を叩いたり殴ったりし、首につかみかかった」ことで一気にエスカレートしたという。

 「双子のもう1人が止めに入ると、被告はその少年の首に手をかけて絞め上げ、少年が死を覚悟するほど呼吸を止めた」と文書には書かれている。

 暴行は3人の目撃者の目の前で起き、ウェッター被告は直後に警察に過ちを告白した。

 アンとナンシーは家族間の暴行事件で仲違いし、ハートが分裂する引き金となった。

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。