17.04.17(Mon)

歌手のエル・キング、結婚式をドタキャン?

Brash Editorial Team

Brash Editorial Team

 米歌手のエル・キング(Elle King, 27)が、フィアンセのアンドリュー・「ファーギー」・ファーガソン(Andrew ‘Fergie’ Ferguson)と予定していた結婚式をドタキャンしたと報じられている。

 「エクシズ・アンド・オーズ」が大ヒットしたエルは昨年2月にアンドリューと婚約。5月に結婚式の日付を決めたと明かしたが、実際に挙式するかどうかはっきりしない状況になっている。

 エルは15日、ワシントン州シアトルのパラマウント・シアターであった米ロックバンド、イーグルス・オブ・デス・メタル(Eagles of Death Metal)と共演したステージの動画をInstagramで公開し、

「結婚式から逃亡」とキャプションを添えた。「その代わりロックンロールと結婚したから、イーグルス・オブ・ファ*キング・デス・メタルのツアーに飛び入りしたわ」

 米エンターテイメント情報番組「E! News」によると、エルは15日にニューヨークでアンドリューと結婚する予定だったという。アンドリューは破局のうわさについてコメントしていないが、エルは最近、SNSで別れをほのめかしていた。

 「言っておかなくちゃいけないけど…胸が張り裂けるような日だったとしても、カリフォルニアの太陽を浴びると笑顔にならずにはいられない」とエルは先月、Instagramに書き込んでいる。

 「みんなシングルのレディーたち」と彼女は友人2人と一緒の写真にキャプションを添えた。

 俳優のロブ・シュナイダー(Rob Schneider)を父に持つエルは昨年、自分にはあまり時間がないため、「カーニバルとロックンロール・サーカス」をテーマとした結婚式をアンドリューと母で元モデルのロンドン・キング(London King)が企画していると認めた。

 「パーティーが開ければいいだけよ」とエルは5月、米People誌に語っている。「私はいつも裸足で、花の髪飾りをしているような子だったから、花柄のドレスを着て、友だちや家族に囲まれるのが夢なの」

 「誰でも結婚式の日を夢見るものだけれど、いろいろ考える時間があまりないわ」とエルは続けた。「でもその日はすぐにやってくる。ファーギーにぜんぶプランを立ててもらうか、母がやってくれるから、私は会場に行くだけでいいの!」

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。