• BRASH TOP >
  • Lifestyle>
  • 64歳のジェフ・ゴールドブラム、妻が第2子を出産!

17.04.17(Mon)

64歳のジェフ・ゴールドブラム、妻が第2子を出産!

Brash Editorial Team

Brash Editorial Team

 俳優のジェフ・ゴールドブラム(Jeff Goldblum, 64)の妻で新体操選手のエミリー・リビングストン(Emilie Livingston, 34)が、夫妻にとっての第2子を出産した。

 カナダ出身で元五輪選手のエミリーは14日、その1週間前に次男となるリバー・ジョー・ゴールドブラム(River Joe Goldblum)君を出産したことをInstagramで発表した。

 「もう1週間が経ったなんて信じられない!」とエミリーはファンに報告。「チャーリー・オーシャン(Charlie Ocean)は弟をすごくやさしく面倒みてくれる。もう最高に幸せ!!! ジェフは頼りになる支えで、今も変わらず並外れた愛情と情熱を持つ父親よ! みんな、愛してるわ!!!」

 夫妻は2015年7月に長男チャーリー君をさずかった。

 『ジュラシック・パーク』などで知られるジェフは2014年にエミリーと結婚。夫妻は今年2月、米Vanity Fair誌主催のオスカーパーティーで第2子の妊娠を発表した。

 ジェフは女優のパトリシア・ゴール(Patricia Gaul)や、『ザ・フライ』で共演したジーナ・デイヴィス(Geena Davis)と結婚したことがあるが、チャーリー君が2015年に生まれるまでは子どもがいなかった。60代になってから子どもを授かったのは完全なショックだったと認めている。

 「エミリーと出会う前までは、真剣に考えたこともなかったよ」とジェフは以前、米Parade誌とのインタビューで子育てについて語っている。「今は違う場所にいる。彼女とはぜひ結婚したかったし、子どももほしかった」

 『インデペンデンス・デイ:リサージェンス』にも出演しているジェフとエミリーは、2014年11月の結婚式の前日に妊娠が判明するまで、子作りにかけた時間はわずか1ヶ月だった。チャーリー君の誕生日は、両親の想像を超えるほど奇跡的で特別だったようだ。

 「エミリーは結婚する前日に妊娠を知って、僕に教えてくれた。チャーリーは(米休日の)7月4日の独立記念日に生まれたけれど、ちょうどそのときはアルバカーキで『インデペンデンス・デイ:リサージェンス』の撮影中だったんだ!」とジェフは笑った。

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。