• BRASH TOP >
  • Lifestyle>
  • チャーリー・ハナム、3年で終わった「苦しく、高くついた」結婚生活を振り返る

17.04.19(Wed)

チャーリー・ハナム、3年で終わった「苦しく、高くついた」結婚生活を振り返る

Brash Editorial Team

Brash Editorial Team

 俳優のチャーリー・ハナム(Charlie Hunnam, 37)は、18歳で結婚したことを今も後悔している。深く考えずに結婚したが、その後の「3年間はひどく、苦しく、高くついた」からだ。

 チャーリーは米人気ドラマ「ドーソンズ・クリーク」のオーディション会場で女優のキャサリン・タウン(Katharine Towne)と出会い、そのわずか3週間後にラスベガスで挙式。しかし結婚生活は長続きせず、3年後の2002年に離婚した。

 チャーリーは現在、ジュエリーデザイナーのモーガナ・マクネリス(Morgana McNelis)と順調に交際しているが、失敗に終わった初めての結婚は今でも尾を引いているようだ。

 「初めて訪れたベガスで結婚したけれど、あまりうまくいかなかった。相手とはその3週間前に知り合ったばかりで、猛烈な恋に落ちたんだ」とチャーリーはAP通信に語っている。「(結婚が続いたのは)ひどく、苦しく、高くついた3年間だった。でも最後にはネコを手に入れたから悪くなかったよ。ちょっとした勝利だね」

 そんなチャーリーは今、初めて結婚したときは自分がまだ未熟だったと思っている。しかし当時はキャサリンと熱烈な恋におぼれるあまり、結婚を合理的に考えられなかったという。

 「初めて人を好きになったけど、『イギリスに戻るから別れないと』と思っていたんだ」とチャーリーは説明した。「僕たちは恋に落ち、ベガスに行った。18歳の頭の中では、『もう二度と会えなくなったらどうする? 結婚すれば何がなんでも会わなくちゃいけなくなる、それがたとえ離婚のためだとしても』としか考えていなかった」

 モーガナと2005年から交際しているチャーリーはその後、人気俳優へと成長して大勢の女性ファンを獲得。しかしこれにより、モーガナにはSNSで嫌がらせのメッセージが送りつけられるようになったという。

 チャーリーは昨年、Facebookのファンサイトに長文のメッセージを寄せ、長年の恋人への攻撃をやめるよう促した。

 「この女性は僕が深く愛し、人生の11年間を一緒にすごし、次の60年間も一緒にいたいと思っている人だよ。成功したり、収入が入るようになったりするずっと前から僕を誠実に支えてくれたパートナーなんだ。僕へのあこがれの気持ちから彼女を攻撃するなんておかしい。理解に苦しむよ」

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。