• BRASH TOP >
  • Lifestyle>
  • 元スパイス・ガールズのメル・Bを訴えた元ベビーシッター、3Pを強制させられたと暴露!

17.04.24(Mon)

元スパイス・ガールズのメル・Bを訴えた元ベビーシッター、3Pを強制させられたと暴露!

Brash Editorial Team

Brash Editorial Team

 元スパイス・ガールズ(Spice Girls)のメル・Bことメラニー・ブラウン(Melanie Brown)が以前ベビーシッターとして雇っていた女性が、18歳の学生だった頃にしつこく酒を勧められ、さらにメル・Bと夫の3人で性行為をすることを求められたと主張している。

 元ベビーシッターのロレイン・ガイルス(Lorraine Gilles)はメル・Bを名誉毀損で訴えている。現在はテレビタレントとして活躍し、夫で映画プロデューサーのスティーヴン・ベラフォンテ(Stephen Belafonte)と泥沼の離婚バトルを繰り広げているメル・Bに、まだ10代だった頃に誘惑されたと訴状で主張したほか、自分のことを「家庭を壊した売春婦で恐喝者」というレッテルを貼ろうとしていると強調している。

 米芸能情報サイト「TMZ」が入手した訴状によると、メル・Bは、ロレインがスティーヴンと浮気して妊娠し、彼の提案で中絶を受け入れたと主張することで、自分を中傷したと非難している。

 さらにロレインは、3Pを求められたこと以外のメル・Bの話はすべてウソだとも指摘した。酒を飲まされて酔っぱらい、3Pを求められた時のメル・Bとの会話を訴状で詳細に記録している。

 ロレインは3Pに従ったものの、「ブラウンの認識あるいは参加なしに」性的行為を行ったことはないと断言。またスティーヴンの子どもを妊娠した事実は全くないとも主張している。

 メル・Bは以前、ロレインとスティーヴンが手を組み、ロサンゼルス市内のある倉庫に2人が保管しているセックスビデオやスパイス・ガールズの記念品をネタに恐喝を試みたと主張していた。

 メル・Bはスティーヴンとロレインに対する自分への接近禁止命令を獲得しており、2人はメル・Bの社会的評価を損なう性的な動画や画像などを公開することができない。

 一方、スティーヴンの弁護団は新たな書類を提出し、この中でメル・Bは意図的に子どもたちを自分の味方に引き入れようとしていると批判。また彼が最後に3人の子どものうち娘のエンジェル(Angel)ちゃんとマディソン(Madison)ちゃんに会った際、2人から「ママはパパのことをすごく怒っているから、パパに会わせてくれない」と言われたとTMZは伝えている。

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。