• BRASH TOP >
  • Lifestyle>
  • 『マッドマックス』のトム・ハーディ、スクーターを盗んだ少年を追跡し逮捕!

17.04.26(Wed)

『マッドマックス』のトム・ハーディ、スクーターを盗んだ少年を追跡し逮捕!

Brash Editorial Team

Brash Editorial Team

 俳優のトム・ハーディ(Tom Hardy, 39)が23日、ロンドン市内でスクーターを盗んで逃走した少年を追い詰め、私人逮捕していたことが分かった。

 トムはロンドン南西部に位置するリッチモンドで少年2人組がスクーターを盗み、混雑する交差点でメルセデスにぶつけた現場を目撃し、「スーパーヒーローモード」に切り替わったようだ。2人組のうち1人はただちに逮捕されたが、もう1人は現場から逃走。それを見たトムも追跡を始めた。

 その様子を目撃したアルン・プレン(Arun Pullen)によると、トムは犯人の後をダッシュで追いかけ、公園や工事現場を駆け抜けて犯人に追いつき、武器を隠し持っていないかボディーチェックをした上で私人逮捕した。

 「まるで心が入れ替わって、アクション映画のスーパーヒーローモードに切り替わったようだった。(盗んだ)スクーターに乗った少年2人は赤信号を無視して車に突っ込んだ」とアルンは英The Sun紙に語っている。「トムは道を歩いていたんだろう。怒った顔をして、まるで弾丸のように追いかけていた」

 トムは少年をつかまえると、近くのバス停まで引っ張っていき、警官がやってくるまで放さなかった。そして警官が現場に到着すると、トムは誇らしげに『バカタレを捕まえたよ』と伝えたという。

 「少年は肩を落とし、ショックを受けていた」とアルンは続けた。「トム・ハーディにはちょっかいを出さないほうがいい。彼は警官に引き渡す前に少年のIDもチェックしていたよ」

 「トムに何が起きたのかと聞いたら、少年を追って僕の裏庭を抜けて、角のところで捕まえたと言っていた。でもそのルートは軍事訓練場なんだ」

 またトムは、別の見物人にも「このバカタレが何かを盗んで、自分も脚を折ったんだ」と言ったとも伝えられている。

 容疑者の少年は2人とも負傷し、現在は窃盗で起訴されている。

 トムは『インセプション』や『ダークナイト ライジング』、『マッドマックス 怒りのデス・ロード』などの出演作で派手なスタントシーンに挑戦してきた。

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。