17.04.26(Wed)

エド・シーラン、長期休業説を否定!

Brash Editorial Team

Brash Editorial Team

 英歌手のエド・シーラン(Ed Sheeran, 26)が、現在敢行中のツアーを終えたら長期休業するという報道を否定した。

 「シェイプ・オブ・ユー」が大ヒット中のエドは現在、大ヒットアルバム『÷(ディバイド)』をひっさげた「ディバイド・ワールド・ツアー」を行っているが、同アルバムが今年3月にリリースされるまでの1年超の間はメディアへの露出を避けていた。

 英Daily Star on Sunday紙は、エドが現行のツアーが10月に終了した後に休暇をとると報じた。ある事情通の話として、次のように伝えている。「エドは音楽で達成すべきことのほぼすべてを達成した。音楽の仕事は大好きだし、成功の波に乗っているところだけれど、同時にもっと普通の生活をしたがっているんだ」

 「いつか、あるいはもし結婚したら、キャリアよりも妻子を優先する。もしそれが何年もかかるなら、それはそれで仕方ないと考えているんだ」

 しかし英MTV UKが事情通らの話のリンク先をTwitterでシェアすると、エドは彼らしいユニークなツイートで事実関係を説明した。「アホかい!」

 Daily Star on Sundayが一報を伝える前、エドは最新インタビューでツアーがフィナーレを迎えるまでは子どもをつくるつもりはないと認めていた。2015年9月からホッケー選手のチェリー・シーボーン(Cherry Seaborn)と交際しているが、エドは子どもができたらそばにいてやりたいと思っているため、2人が近いうちに家族をつくる予定はない。

 「子どもがいたらツアーをしたいとは思わないね」とエドは3月、英モーニングショー「グッドモーニング・ブリテン」とのインタビューで語っている。「時々はふらっと外に出たいし、父親にもなりたい気はある。だから絶対に子どもはほしいし、どんな子どもでも好きだけど、今はまだつくりたいと思っていないよ」

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。