• BRASH TOP >
  • Lifestyle>
  • カーラ・デルヴィーニュ、動物のマネを披露してSF映画に出演決定!?

17.04.27(Thu)

カーラ・デルヴィーニュ、動物のマネを披露してSF映画に出演決定!?

Brash Editorial Team

Brash Editorial Team

 英モデルで『スーサイド・スクワッド』などで女優としても活躍するカーラ・デルヴィーニュ(Cara Delevingne)は、仏映画監督リュック・ベッソン(Luc Besson)の新作SF映画『Valerian and the City of a Thousand Planets(原題)』のオーディションで動物のマネをして出演を獲得したらしい。

 カーラはベッソン監督にランチミーティングに誘われた際、まさか映画のオーディションを受けるとは想像もしていなかった。しかしミーティングが始まってしばらくすると、経験したことのないようなスクリーンテストが待っていたという。

 「この映画のオーディションをするとは知らなかったの」とカーラは米V誌に語っている。「エージェントでさえオーディションとは知らなかったから、トップシークレットの企画だったのは確かだわ。ただ『リュックがブランチをしたがっている』としか言われなかったから、『いいわ、やりましょう!』と答えたの」

 「でも監督と会ったら、(映画について)すごく熱く語ってくれて、長年温めてきた、情熱をかけた作品だと肌で感じたの」

 ところが、そこから話は変な方向へと転がっていった。

 「演技力を証明しなくちゃいけなかったけれど、普通のオーディションじゃなかったわ」とカーラは笑顔で振り返った。「例えば、リュックは『何か物語を考えて、言葉を一切使わないで説明してほしい。体を使ったり、思いつきで物音を立てたりして』とか、『ある動物になりきって、僕に当てさせてみて』と言ってきたの」

 カーラが何をしたのかは不明だが、それが成功したのは間違いない。デイン・デハーン(Dane DeHaan)と共演し、今夏に公開される『Valerian and the City of a Thousand Planets』にロールリーヌ役で出演するからだ。

 またカーラはベッソン監督との仕事はとても楽しかったとつけ加え、特に自分でスタントをやったことが嬉しかったという。

 「スタントウーマンを使わないこともできると言われたら、必ず『自分にやらせてほしい! ビルから投げ落とされたい!』とアピールするの」とカーラは話している。

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。