• BRASH TOP >
  • Lifestyle>
  • ジョニー・デップ、ディズニーランドの「カリブの海賊」にサプライズ登場!

17.04.28(Fri)

ジョニー・デップ、ディズニーランドの「カリブの海賊」にサプライズ登場!

Brash Editorial Team

Brash Editorial Team

 俳優のジョニー・デップ(Johnny Depp, 53)が26日、カリフォルニア州アナハイムにあるディズニーランドのアトラクション「カリブの海賊」にジャック・スパロウ船長の衣装でサプライズ登場し、来園者を驚かせた。

 ジョニーは日本でも7月に公開される『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズ最新作『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』でジャック役を再演しているが、同映画シリーズをモチーフとした屋内ボートアトラクションにキャラクターになりきった姿で出現。サプライズ登場にファンは大興奮し、流れていくボートのそばに立って来園者と触れ合うジョニーの動画がSNSに投稿されている。

 ジョニーはこうした動画の中で、来園者たちを乗せたボートを「乗っ取るぞ」とシリーズ第1作のセリフでファンを喜ばせたり、施設のバルコニーから身を乗り出して列に並ぶ人たちに声をかけたりする様子が映っている。

 『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズは、これまでの4作で計37億ドル(約4,111億円)超の世界興収を記録。第5作となる『最後の海賊』では、ジャックがハビエル・バルデム(Javier Bardem)扮する旧敵の悪魔海賊サラザール船長と闘う。

 ジョニーは今回のディズニーランド訪問以外でもジャックになりきって公の場に姿を見せており、ロンドンのグレート・オーモンド・ストリート小児病院で治療を受ける子どもたちを何度も励ましてきた。ジョニーは娘のリリー・ローズ(Lily-Rose, 17)が幼いときに同病院で腎不全の治療を受けており、密接なつながりがある。

 ジョニーは2015年、グラハム・ノートン(Graham Norton)が司会の英トーク番組に出演した際、同病院を訪問する理由を次のように語っていた。

 「娘が病気でグレート・オーモンド・ストリートに入院していた時は、人生で最も暗黒の時間だった。病院への訪問は以前からやっていたけど、あの経験の後はもっと大切になった」

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。