• BRASH TOP >
  • Lifestyle>
  • サラ・ミシェル・ゲラーの広報、フレディ・プリンゼJr.との離婚報道に反論!

15.10.23(Fri)

サラ・ミシェル・ゲラーの広報、フレディ・プリンゼJr.との離婚報道に反論!

Brash Editorial Team

Brash Editorial Team

サラ・ミシェル・ゲラー

 女優のサラ・ミシェル・ゲラー(Sarah Michelle Gellar, 38)の広報担当者が、サラが夫で俳優のフレディ・プリンゼJr.(Freddie Prinze Jr., 39)と離婚に向けて動いていると報じたタブロイドを批判している。

 米人気TVシリーズ『バフィー~恋する十字架~』などで知られるサラは、米Star誌の報道によって突然注目の的になった。同誌によると、夫妻は先月に13回目の結婚記念日を祝ったが、フレディが昨年に脊椎手術を受けた後でひどい怠け者になったと伝えられる中、サラは「結婚生活の維持に悩んでいる」という。さらに匿名の関係者の話として、「フレディが専業主夫としての新しい役にしがみついており、友人らは2人の今後を心配している。2人はしばらく前から危ない状況にあり、サラは結婚をあきらめる腹をくくった」と報じた。

 しかしサラの広報担当者は、同誌の編集者にコメントを求められた際、猛烈に否定したものの、編集者は構わず事実に基づいていない記事を掲載し、公式声明を含むことを怠ったと主張している。ここへ来て、広報担当者は同誌幹部に狙いをつけ、内容が「ひどく間違って」おり、報道することに「メリットはない」とゴシップサイト「GossipCop.com」に語っている。さらに編集者が「コメントを求めたのに掲載しないという他人の時間をムダにしたこと」が理解できないと嘆き、一連のいきさつを「フラストレーションがたまる」と断言。「(Starにとって)ネタが尽きた週だったに違いない」とつけ加えた。

 サラとフレディはSNS上でも、結婚の悩みを抱えている印象はまったくなかった。サラは9月1日の結婚記念日に、2002年の結婚式で披露した夫婦として初めてのダンスの写真を公開し、詩の一部を引用しつつキャプションを添えた。「あれから13年…記念日おめでとう! 『あなただからという理由だけではなく、あなたと一緒にいる時のわたしにしてくれるから愛している。あなたが今のあなたを作り上げたからという理由だけではなく、今のわたしを作っているから愛している』」

 サラとフレディは1997年の映画『ラストサマー』で共演したことがきっかけで交際をスタート。シャーロット(Charlotte, 6)ちゃんとロッキー(Rocky, 3)君の2児を授かっている。

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。