• BRASH TOP >
  • Lifestyle>
  • フリーダ・ピント、元恋人のデーヴ・パテールを「誇りに」思う!

17.05.02(Tue)

フリーダ・ピント、元恋人のデーヴ・パテールを「誇りに」思う!

Brash Editorial Team

Brash Editorial Team

『スラムドッグ・ミリオネア』でも有名な女優のフリーダ・ピント(Freida Pinto)は、同映画の共演者で元交際相手のデーヴ・パテール(Dev Patel)が映画『LION/ライオン 〜25年目のただいま〜』で好評を得ていくつもの賞を受賞していることがとても「誇らしい」という。

2008年のオスカー受賞作『スラムドッグ$ミリオネア』の撮影で出会って恋に落ちた2人は、6年間交際を続けたが2014年の12月には別れている。

2人ともハリウッドでのキャリアを構築中だが、実話を基にした『Lion』でデーヴは2017年のアカデミー賞助演男優賞にノミネートされ、英国アカデミー賞のBAFTA(British Academy of Film and Television Arts Awards)では同賞を受賞した。

もう恋人同士ではない2人だが、フリーダはデーヴのキャリアにおける成功を遠くから見て満足している。

「最終的には、彼とは役者仲間で友達の関係になったけど」とフリーダはRed誌に語った。「彼の一生懸命な仕事ぶりを見てきたので、それが報われるのを(BAFTAで助演男優賞を受賞)目にすることができて最高だった」

「誇らしい気持ちにならないわけがない」と続けたフリーダ。「この映画(『Lion』)のデーヴは素晴らしかったから」

かつてフリーダはデーヴと別れたのは彼女の「クォーターライフ・クライシス(人生の4分の1を過ぎた20~30歳の間に訪れる危機)」が原因だったと明かしたが、この恋愛からは多くのものを学ぶことができた。

「人はやって来て去っていく。誰もが何かを教えてくれるわ」とフリーダ。「良いことも悪いことも、醜いことも美しいことも受け入れなくちゃね」

2人はかなり円満に別れたようだが、フリーダは同じ状況の人にアドバイスできることはないと語っている。

「私は恋愛の達人じゃないから」と言って笑ったフリーダ。「どうしたら別れた相手と仲の良いままでいられるかについてアドバイスはできないけど、ただオープンで正直でいることね」

またフリーダは、デーヴの方が6歳くらい若いという2人の歳の差が破局の原因ではないと主張している。「付き合っているときは、恋愛中なわけで」と打ち明けたフリーダ。「その人を愛しているから付き合っているんだわ。年齢とか財産は重要じゃないの。うまくやれるかどうか、それだけよ」

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。