• BRASH TOP >
  • Lifestyle>
  • クロエ・カーダシアン&ラマー・オドム、離婚申請を取り下げ!

15.10.23(Fri)

クロエ・カーダシアン&ラマー・オドム、離婚申請を取り下げ!

Brash Editorial Team

Brash Editorial Team

クロエ・カーダシアン&ラマー・オドム

 米リアリティ番組「カーダシアン家のお騒がせセレブライフ」で知られるクロエ・カーダシアン(Khloé Kardashian, 31)とロサンゼルス・レイカーズで活躍していたNBA選手ラマー・オドム(Lamar Odom)が離婚申請を取り下げ、結婚生活をやり直す気持ちを固めたことが分かった。クロエとラマーは2009年9月に結婚したが、2013年12月に離婚を申請した。

 先週、ラマーはコカインとバイアグラに似たハーブ薬を摂取したことでドラッグ中毒を起こし、ネバダ州の売春宿で意識不明の状態で発見された。クロエは別居中のラマーのもとに駆けつけ、16日に意識を回復した際には嬉しさを爆発させていた。

 芸能情報サイトTMZによると、夫妻はこの1週間で起きた衝撃的な展開で絆が深まり、もう一度やり直す気持ちになったようだ。クロエの代理人を務めるローラ・ワッサー(Laura Wasser)弁護士は21日、双方が署名済みの離婚申請書を取り下げるよう判事に要請したという。申請書は判事が署名すれば発効する状態で留め置かれており、これまでの報道では夫妻の離婚が成立したとみられていたが、事実ではなかったようだ。夫妻の要請は認められ、離婚申請は却下された。

 離婚が取り下げられたと伝えられた前日、クロエはラマーに近い人たちが経験した苦しい思いについて口を開いている。

 「この1週間は本当に苦しかった」とクロエは20日、自身のウェブサイトで心境をつづっている。「ラマーに励ましの言葉を寄せてくれた家族や友人、そしてファンに心から感謝しています。サンライズ病院のすばらしい医師や看護師、そしてみなさんの丁寧で熱心な仕事ぶりにも感謝したいと思います。みなさんの見事な治療のもとで、驚くべき回復がもたらされました」

 クロエの元恋人フレンチ・モンタナ(French Montana)もラマーをそばで支えた彼女を称賛している。クロエは今年、ラマーと別れた後でフレンチと交際していた。破局したとはいえ、フレンチは元恋人に対してやさしい言葉をかけている。

 「彼女がやっていることは本当に美しい」とフレンチは米New York Daily News紙のコラム「Confidenti@l」で告白した。「あらゆる女性もそうすべきだと思う」

 またクロエはラマーが緊急入院した当時、同じくバスケットボール選手のジェイムズ・ハーデン(James Harden)と付き合っていたが、ジェイムズは彼女が夫と一緒になれるよう、自ら身を引いたといわれている。

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。