17.05.04(Thu)

ジャネット・ジャクソン、夫との別居を認める

Brash Editorial Team

Brash Editorial Team

 今年1月に初めての子どもを出産した米歌手のジャネット・ジャクソン(Janet Jackson, 50)が、新しいコンサート日程を発表する一方で、夫でカタール人実業家のウィッサム・アル・マナ(Wissam Al Mana)と別れたことを認めた。

 ジャネットは先週末、公式サイトに謎のカウントダウンを掲載してファンの期待を高めていたが、1日に時計が0を示した瞬間に驚きの発表をした。

 「このメッセージは別の話題に関するものだけれど、それについてはもう少し後で話すわ」とジャネットは動画でファンに語りかけた。「少しの間、みんなに正直になりたいの。そう、私は夫と別れたわ。今は裁判をしているところで、あとは神の手に委ねられているの」

 ジャネットがウィッサムと別れたという報道は4月に報じられた。ジャネットはその3ヶ月前の1月、一人息子のエイッサ(Eissa)君を出産した。

 「ねえみんな、私、ジャンよ。赤ちゃんを産んでかなり体重が増えたから、誰だか分からない人のために言っておくわ」とジャネットは動画の冒頭で笑顔で話している。「でも神に感謝している。息子を授けてくれた神に。とても元気で、美しく、かわいらしく、愛情いっぱいで、幸せな赤ちゃんなのよ」

 ジャネットはビデオメッセージの終わりで本題に入り、今後数ヶ月以内に複数の公演を行うツアーをすると発表した。延期していたツアーを新しいタイトルで再開するという。

 「すごくワクワクしているわ。とても興奮しているの」とジャネットは熱く語った。「ツアーのタイトルを変えることにしたの。『ステート・オブ・ザ・ワールド・ツアー』よ。政治とは関係なく、人々、この世界、色々な関係、そして愛がテーマ。9月7日(にスタート)」

 ジャネットは昨年4月、3人目の夫で2012年に結婚したウィッサムとの妊活のため「アンブレイカブル・ワールド・ツアー」を延期した。

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。