• BRASH TOP >
  • Lifestyle>
  • モデルのクリッシー・テイゲン、整形手術について赤裸々に語る

17.05.08(Mon)

モデルのクリッシー・テイゲン、整形手術について赤裸々に語る

Brash Editorial Team

Brash Editorial Team

 モデルのクリッシー・テイゲン(Chrissy Teigen)が過去に整形手術を受けたと打ち明け、顔の一部は「フェイク」だと告白した。歌手のジョン・レジェンド(John Legend)を夫に持つクリッシーは額と鼻、唇を整形している。

 「頬以外、すべてがフェイクよ」とクリッシーはメイクアップブランド「ベッカ・コスメティックス」とコラボしたメイクアップパレットの記念イベントで語った。「こうしたことを話すのに抵抗はないの。後悔していないから」

 またクリッシーは身体に整形手術をしたことも認めた。

 「(9年前に)脇の脂肪吸引をしたの」とクリッシーはつけ加えた。「そのおかげで両腕の長さが2インチ(約5センチ)伸びたわ。でも(脂肪は)また戻ってきていて、もう一度受ける必要があるかもしれない」

 クリッシーは美容や体型についてとてもオープンに語り、昨年に初めての子どもである娘のルナ・シモーン(Luna Simone)ちゃんを出産してからは、自分の体に自信が持てるようになったと力を込めた。

 「出産後に自分の体を見ると、ヒップが大きくなったの。ようやく少しは女性らしい体型になれた気がするわ」と彼女は昨年、豪版Elle誌で語っている。

 そんなクリッシーは体をさらけ出すことに全く抵抗がなく、以前には服を着て歩くくらいなら裸のほうがいいとも発言していた。

 「水着を着て撮影するよりも、全裸でするほうがずっといいし、以前からその方が好きだったわ」と彼女は続けた。「ビーチに行くのが好きなタイプじゃなかったの。故郷のワシントン州の海は凍えるような寒さだったわ。だからビーチは落ち着きを感じられる場所じゃなかった。(水着特集で知られる雑誌)Sports Illustratedのモデルとして知られているはずなのに、一番苦手な場所がビーチだなんて、おかしいと思われるかもしれないわね」

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。