• BRASH TOP >
  • Lifestyle>
  • オスカー脚本家のダスティン・ランス・ブラック、「飛び込み王子」トム・デイリー選手と結婚!

17.05.09(Tue)

オスカー脚本家のダスティン・ランス・ブラック、「飛び込み王子」トム・デイリー選手と結婚!

Brash Editorial Team

Brash Editorial Team

 米脚本家のダスティン・ランス・ブラック(Dustin Lance Black, 42)が、「飛び込み王子」として知られる英飛び込み選手のトーマス・デイリー(Tomas Daley, 22)と内輪だけの結婚式を挙げたと報じられた。

 2008年に『ミルク』でオスカーを受賞したダスティンと、ロンドン五輪の10メートル高飛び込み個人で銅メダルを獲得したトーマスは6日、イングランドのダートムーア国立公園内にある古城「ボヴィー・キャッスル」で永遠の誓いを交わしたと英The Sun on Sunday紙が伝えた。

 2013年に交際をスタートし、2015年に婚約した2人は、ボヴィー・キャッスルのカテドラルルームで挙式し、約50人のゲストの前で結婚したという。

  トーマスは式の直前、シェイクスピアの戯曲「ロミオとジュリエット」のジュリエットになりきり、数時間後に夫になるダスティンに向かってバルコニーから「ロミオ、ロミオ、どうしてあなたはロミオなの?」と呼びかけたという。

 ダスティンの家族はアメリカから結婚式に駆けつけ、2人は先週末、58部屋もある会場をすべて貸し切りにしたらしい。

 2人は最高級の服装で式にのぞみ、トーマスはワインレッドのスーツ、ダスティンはネイビーのスーツに白いシャツを合わせていた。

 式の数日前、トーマスは病院のベッドで寝ている写真をInstagramで公開し、ファンを心配させていた。

 「死ななければもっと強くなるものさ! #これがアスリート人生 もうすぐボードに復帰するよ」とトーマスはキャプションを添え、4日に公開した。

 トーマスは入院した理由を明かさなかったが、アカウントには応援メッセージが殺到した。

 トーマスは2013年12月、YouTubeに投稿したビデオメッセージでカミングアウトし、男性に恋したことで「世界が覆った」と打ち明けた。

 トーマスとダスティンは2015年10月、英The Times紙の出生・結婚・死亡告知欄に記事を掲載するという伝統的な形で婚約を発表した。

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。