• BRASH TOP >
  • Lifestyle>
  • デブラ・メッシング、トランプ大統領の娘イヴァンカ氏に政策の再考を要望!

17.05.10(Wed)

デブラ・メッシング、トランプ大統領の娘イヴァンカ氏に政策の再考を要望!

Brash Editorial Team

Brash Editorial Team

 米人気TVシリーズ「ウィル&グレイス」などで知られる女優のデブラ・メッシング(Debra Messing)が、ゲイ擁護団体「GLAAD」(中傷と戦うゲイとレズビアンの同盟)主催の「GLAADメディアアワード」授賞式に出席し、物議をかもしているドナルド・トランプ(Donald Trump)米大統領の政策について長女のイヴァンカ・トランプ(Ivanka Trump)氏に反対するよう呼びかけた。

 デブラは6日に開かれた授賞式でLGBTQ(レズビアン、ゲイ、バイセクシャル、トランスセクシャル、クィア)コミュニティへの支援活動が評価され、メディアアワード優秀賞を贈られた。授賞スピーチでは医療やLGBTQの権利、移民などに関するトランプ大統領の政策を批判した。

 「女性の問題が自分にとって大事だと言うだけでは不十分です」とデブラは語りかけた。「行動で示すべきです。苦しんでいる本当の人たちの話を父親にするだけで、何百万人もの女性と子どもの人生を変えることができる。移民の母親とアメリカで生まれた子どもたちを引き離すような政治をさせてはなりません。必要とする女性から医療サービスを奪ってはいけません。(男子トイレの使用を禁じられた)ギャヴィン(・グリム)のようなトランスの子どもたちに、基本的な人間としての尊厳を求めて裁判を起こさせてはいけないのです」

 「(父親を)盲目的にかばうのではなく、自分が信じることのために闘ってほしい」とデブラはつけ加えた。

 今年の授賞式ではデブラとともに歌手で俳優のビリー・ポーター(Billy Porter)も賞を獲得。スピーチではトランプ大統領の政策は「すべての人々」に対する攻撃だと批判した。

 「奴隷制度から解放まで、(奴隷制を廃止した)合衆国憲法修正第13条、(黒人隔離を意味した)ジム・クロウ、公民権運動、(同性愛者らが初めて迫害に立ち向かった)ストーンウォール、AIDS、そして結婚の平等までが、誰の偉業によって実現したかを忘れないでほしい」とビリーは宣言した。「国としての歴史的な歩みを、僕たちが平等を得るための戦場で戦士となる力に変えよう」

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。