• BRASH TOP >
  • Lifestyle>
  • ドウェイン・ジョンソン、大統領選出馬を真剣に検討中!

17.05.11(Thu)

ドウェイン・ジョンソン、大統領選出馬を真剣に検討中!

Brash Editorial Team

Brash Editorial Team

 プロレスラーからアクション俳優に転身したドウェイン・「ザ・ロック」・ジョンソン(Dwayne ‘The Rock’ Johnson)が、米大統領選挙に出馬することを真剣に検討している。

 ドウェインは最近、政治的な波風を立てており、各界の有力者からアーノルド・シュワルツェネッガー(Arnold Schwarzenegger)の後に続き、ハリウッドから身を引いて政界に進出すべきだと提案されたことがあるとも明かしている。また、ドウェインも自分が興味のある仕事が一つだけあると明言している。現在ドナルド・トランプ(Donald Trump)氏が務めているものだ。

 「(自分が大統領に立候補することは)現実に起こり得る」とドウェインはGQ誌とのインタビューで語っている。「1年前からそんな話が増えてきた。本気で言われている感じがしたし、家に帰ったら『答えを本気で考えて、正直で敬意を込めた答えができるように検討しよう』と思うようになったんだ」

 トランプ大統領が就任して100日がすぎたことで、ドウェインは自分の今後についてよく考えるようになったという。

 「どんな仕事だろうと、引き受けた以上は自分を証明しなければならない」とドウェインは話している。「個人的に言うと、もし自分が大統領になったら、その振る舞いが大事になると思う。誰に対しても責任を持つことだ」

 「一番最初にすることは、(大きな問題について)腰を据えた議論だ。彼(トランプ氏)の仕事ぶりをどう考えているのかを今カテゴライズするのは難しいが、自分ならどうするかということは言える。自分ならもっと良いリーダーシップを実現させたい。より偉大なリーダーシップを見たい。もし異論があれば、もし自分と対立する大人数のグループがあれば、自分ならもっとうまくできると教えられているような気がする。社会はいろんな問題であふれていて、みんなで解決しなくちゃいけないんだ」

 「偉大なリーダーの資質には、人々を締め出さないことも含まれる。同意できなくても、解決策を見出さなくちゃいけないんだ」

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。