• BRASH TOP >
  • Lifestyle>
  • リアム・ペイン、初のソロシングルでエド・シーランとコラボ中!

17.05.11(Thu)

リアム・ペイン、初のソロシングルでエド・シーランとコラボ中!

Brash Editorial Team

Brash Editorial Team

 英ボーイズバンド、ワン・ダイレクション(One Direction)のリアム・ペイン(Liam Payne, 23)が、マルチプラチナを達成したヒットメーカーで、同じく英歌手のエド・シーラン(Ed Sheeran, 26)とコラボし、初のソロシングルを作曲した。

 英The Sun紙によると、エドは2014年にリリースされたワン・ダイレクションのアルバム『Four』に収録された「18」以来、リアムと初めての共同作業に取り組んでいるという。この曲の一部は、リアムのFacebookで公開される。

 「リアムとエドは、エドがワン・ダイレクションのデビューアルバムに初めて曲を提供して以来の友だちなんだ」とある事情通は同紙に語っている。「今回のコラボは、実は今年のとても早いうちに実現していた。リアムは当時ロサンゼルスにいて、エドがリアムを念頭に曲を書き始めたと伝えられたんだ」

 知らせを受けて興奮したリアムはすぐにイギリスへ舞い戻り、エドと一緒に曲を仕上げ、レコーディングもしたという。

 「リアムは、ヒット曲を作り出すエドの手腕なら、成功間違いなしだと分かっている。特別な曲を生み出しているよ」と事情通は続けた。「エドをチームに迎えたことは、1Dの熱狂的なファン以外の音楽ファンにも届くことも意味するだけに、賢い戦略でもある」

 リアムがワン・ダイレクションのファンのサポートを歓迎することは間違いないが、一方ではソロアーティストとしてのキャリアをうまくスタートさせたいとも考えている。現在の音楽業界で最も引っ張りだこのソングライターの1人であるエドとのコラボで、幸先の良いスタートが約束されたも同然だ。

 先日、エドの新曲「シェイプ・オブ・ユー」は、リアムと同じくワン・ダイレクションのハリー・スタイルズ(Harry Styles)から1週間ぶりにチャートトップの座を奪い返した。エドは13週間に渡ってトップを独走していたが、ハリーのデビューソロシングル「サイン・オブ・ザ・タイムズ」が4月に1位を獲得した。しかしエドはわずか1週間後に再び1位に返り咲き、雪辱を果たした。

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。