• BRASH TOP >
  • Lifestyle>
  • 「アメリカン・アイドル」出身のケリー・クラークソン、「ザ・ヴォイス」の審査員に就任!

17.05.12(Fri)

「アメリカン・アイドル」出身のケリー・クラークソン、「ザ・ヴォイス」の審査員に就任!

Brash Editorial Team

Brash Editorial Team

 新しくなった人気オーディション番組「ザ・ヴォイス」US版の審査員として筆頭候補に挙がっていた歌手のケリー・クラークソン(Kelly Clarkson)が、報道から数日後に契約を交わし、ファンを驚かせている。

 人気オーディション番組「アメリカン・アイドル」のシーズン1で優勝し、番組が輩出した歌手として最大の成功を収めたケリーは、今年から復活する「アイドル」に審査員としての出演を打診されていた。しかし、ケリーが選んだのはライバルの「ザ・ヴォイス」だった。

 ケリーは来年から放送される「ザ・ヴォイス」シーズン14で、長年審査員を務めるアダム・レヴィーン(Adam Levine)、ブレイク・シェルトン(Blake Shelton)と合流する。あと1人のメンバーは未発表だ。

 今回の発表の前日には、シーズン13からジェニファー・ハドソン(Jennifer Hudson)が加入し、アダム、ブレイク、マイリー・サイラス(Miley Cyrus)と審査員を務めることが発表されていた。

 ジェニファーとマイリーは、現在のシーズン12に出演中のアリシア・キーズ(Alicia Keys)とグウェン・ステファニー(Gwen Stefani)の後任を務める。

 ジェニファーは先日、同番組のUK版で優勝者の審査員を務めた。US版でも審査員に選ばれた喜びを、涙を交えてファンに報告している。

 「これが何を意味するのか、何を表すのか考えたり、今後の展開を予想したりしていると涙が出てきたわ!」とジェニファーは10日、Instagramで打ち明けた。「かつて出場していた人が、いつかイギリスで、そしてさらにアメリカで審査員のチェアに座るなんて、誰も想像していなかった。それを知っていたのは神だけよ!!!! でも、ここまでたどりついたわ!」

 「ザ・ヴォイス」は昨年、エミー賞で3度目となる最優秀リアリティ・コンペティション賞を贈られ、昨年10月にシーズン13のため内容が一新された。

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。