• BRASH TOP >
  • Lifestyle>
  • ブラッド・ピット、アンジェリーナ・ジョリーとの離婚による自暴自棄を否定!

17.05.17(Wed)

ブラッド・ピット、アンジェリーナ・ジョリーとの離婚による自暴自棄を否定!

Brash Editorial Team

Brash Editorial Team

 俳優のブラッド・ピット(Brad Pitt, 53)が、元妻で女優のアンジェリーナ・ジョリー(Angelina Jolie)との離婚後に自暴自棄な行動に走ったことはないと力説した。

 アンジーが昨年9月にブラッドとの離婚を申請すると、ブラッドはメディアの前に登場することがほとんどなくなっていた。しかし新作映画『ウォー・マシーン:戦争は話術だ!』が今月26日からNetflixで世界同時配信されることから、ブラッドは数本のインタビューに応じ、離婚とどう向き合っているかについて語っている。「船が沈まないように」努力していると認めたブラッドは、AP通信に次のように語った。

 「別に自暴自棄になっていないよ。世界にはまだ美しいこと、愛すべきことがたくさんある。それに与える愛もたくさんあるんだ。なんてことはない。これも人生だよ」

 ブラッドとアンジーの間には養子のマドックス(Maddox, 15)、パックス(Pax, 13)君、ザハラ(Zahara, 12)ちゃん、実子のシャイロ(Shiloh, 10)ちゃん、双子ノックス(Knox, 8)君とヴィヴィアン(Vivienne)ちゃんという計6人の子どもがいる。ブラッドはマドックスに対する振る舞いで児童虐待の調査を受けたが、虐待の疑いは晴れた。その後のGQ Style誌とのインタビューでは断酒したと打ち明けている。

 また、別れたアンジーとの共同養育について、元夫妻はお互いに子どもを最優先にするという意見で一致しているとブラッドは説明した。

 「子どもたちがすべてだよ。子どもたちは人生そのものだ。僕たちの注意はすべて子どもたちに向けられているけれど、ごく当たり前のことだ」とブラッドは話し、アンジーと一緒に「新しい家族の形を模索」しているとつけ加えた。

 ブラッドがGQ Styleとのインタビューで飲酒癖を告白し、セラピー通いを楽しんでいるとも語ったことについては賛否が分かれている。しかしブラッドは秘密をすべて打ち明けることで「隠しごと」がなくなり、前に進むために自ら望んだことだと強調した。

 「もう秘密はない。隠しごともないよ。誰だって人間だし、人間の条件というものはとても興味深い。こうしたことを話さなければ進歩もできないよ」とブラッドは説明した。

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。