• BRASH TOP >
  • Lifestyle>
  • ブレイク・ライブリー、新作映画で総合格闘技に挑戦!

17.05.17(Wed)

ブレイク・ライブリー、新作映画で総合格闘技に挑戦!

Brash Editorial Team

Brash Editorial Team

 人気ドラマ「ゴシップガール」などで知られる女優のブレイク・ライブリー(Blake Lively)が肉体改造に取り組んでいる理由は、ダイエットのためではなく総合格闘技選手役で新作アクション映画に出演するためだ。

 ブレイクが演じるのは生活に苦しむシングルマザーで、息子と引き離されるのを防ぐために格闘家としての原点に立ち返る。

 『Bruised(原題)』のメガホンをとるのは名恋愛映画『きみに読む物語』などで知られるニック・カサヴェテス(Nick Cassavetes)監督で、ミシェル・ローゼンファーブ(Michelle Rosenfarb)が脚本を書いた。

 同作は今月フランスで開幕するカンヌ映画祭に出品され、撮影は9月からスタートする予定だと米Hollywood Reporter誌が伝えている。

 『Bruised』はブレイクが夫で俳優のライアン・レイノルズ(Ryan Reynolds)との第2子を出産してから初めての出演作となる。夫妻は昨年9月に生まれた次女イネス(Ines)ちゃんに加え、長女ジェームズ(James, 2)ちゃんを授かっている。

 『アデライン、100年目の恋』や『カフェ・ソサエイティ』、『恋するジーンズ』シリーズなどの人間ドラマに出演してきたブレイクにとって、同作はこれまでのキャリアで最もハードな作品になる。アクション映画の経験は『野蛮なやつら/SAVAGES』や2011年のスーパーヒーロー映画『グリーン・ランタン』など数本にとどまる。『グリーン・ランタン』は興行的に失敗したものの、主演のライアンと出会うきっかけとなっただけに、彼女にとっては深く個人的な作品になっている。

 夫妻は現在、パーソナル・トレーナーのドン・サラディーノ(Don Saladino)のもとでトレーニングを続けている。ドンの猛特訓のおかげで、ブレイクは2016年の映画『ロスト・バケーション』で極小のビキニで見事なボディを披露した。

 ドンはタフなトレーナーを自認しており、クライアントが役作りで体を鍛える際は週5日から6日のセッションを求めている。好きなワークアウト法はフォームローラーを使ったエクササイズで、さらにグルートブリッジ、スクワット、スタージャンプ、スロー、上半身のトレーニング、カーディオバーストを組み合わせている。

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。